주요 기사 바로가기

米国防長官代行に対北朝鮮強硬派のマーク・エスパー陸軍長官

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.20 11:34
0
イランとの軍事的緊張が高まっている時点に米国の国防長官代行が交代された。ドナルド・トランプ大統領は18日(現地時間)、新しい国防長官代行に北朝鮮に対する強硬派と知らされたマーク・エスパー陸軍長官を指名した。

トランプ大統領はジェームズ・マティス長官退任以降長官職を代行したパトリック・シャナハン氏を先月9日国防長官候補者と公式指名したが、かなり前にシャナハン氏の家庭暴力問題が浮上してこの日結局、指名を撤回した。シャナハン氏の落馬でマティス前長官がペンタゴンを離れた後、過去最長期に至る国防長官の不在状況はさらに長くなるものとみられる。

エスパー氏は4月軍事委員会などで「米国安保の最も緊急な脅威は北朝鮮」と主張してきた。ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、エスパー氏はマイク・ポンペオ国務長官と陸軍士官学校同期(1986年卒業)で、湾岸戦争にも参戦し国防部次官補などを務めた。2007年除隊後、チャック・ヘーゲル上院議員の政策補佐官として勤めた。軍需会社レイセオンのロビー責任者として7年間活動したこともある。

トランプ米大統領はこの日、ツイッターでシャナハン氏に関連して「立派に働いてきたシャナハン代行が(国防長官)承認の手続きを踏まずに家族にさらに時間を注ぐことにした」と明らかにした。USAトゥデイが米連邦捜査局(FBI)がシャナハン氏の9年前の家庭暴力問題を調べていると報じた直後だ。シャナハン氏は元妻に「絶対に手を出さなかった」と主張したが、国防部副長官時代に元職場であるボーイングを支援した論議と重なり承認が難しいと判断したようだ。一方、韓米連合司令部の移転と戦時作戦統制権の転換など課題が山積している中でシャナハン氏との関係強化に力を注いでいた韓国軍当局は突然の米国防首長の交代で当惑する雰囲気だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国防長官代行に対北朝鮮強硬派のマーク・エスパー陸軍長官

    2019.06.20 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    マーク・エスパー陸軍長官
    TOP