주요 기사 바로가기

【コラム】トランプが習近平に敗北するならば=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.10 11:38
0
勢力が傾いた既存の強大国が浮上した新興強大国を情け容赦なく叩いている。中国の国内総生産(GDP)が米国の3分2に迫ると米国が引き金を引いた。習近平の「中国夢」とトランプの「アメリカファースト」が正面からぶつかり合っている。チキンゲームの様相のため世界の安保構図とグローバル経済はこれまで体験したことのない局面に陥っている。

国際政治と世界経済の安定と発展に最も大きな責任がある2つの強大国の無責任な行動は世界と人類の生存を脅かしている。たまらず国際社会の良心が口を開いた。国際通貨基金(IMF)のラガルド総裁は5日、「米中報復関税のため2020年に各国のGDPで4550億ドルが失われるだろう。米中貿易戦争は自害行為であり両国ともに敗者だ」と批判した。

「トゥキディデスの罠」を初めて提起した『米中戦争前夜』の著者である米ハーバード大学のグレアム・アリソン教授は最近中央日報とのインタビューで、台湾、南シナ海、韓半島(朝鮮半島)で米中軍事衝突が起きる可能性があると警告した。背筋が寒くなる言葉だ。中国メディアは韓国戦争当時に江原道(カンウォンド)で展開された三角高地の戦闘(中国名・上甘嶺戦闘)に言及し米国に対抗した勝利を叫んでいる。不吉で不快だ。

トランプと習近平の対決は決して対岸の火事ではない。韓国の立場では米国と中国は安保であれ経済であれどちらかひとつも放棄できない。それでも生半可にどちらか一方の肩を持つのは愚かだ。地政学リスクにだれよりも弱くさらされた国が韓国だ。強大国の求心力に連座することもならず、強大国の遠心力にはねられ捨てられ放棄される状況も避けなければならない。韓国のジレンマ的状況だ。

このところ中国の外交官と知識人は「トランプの任期さえうまく乗り越え、米国との戦争さえないなら時間は中国の味方」という話を流す。中国は毛沢東時代の自力更正スローガンまで叫んで長期戦に備える態勢だ。習近平は米国に対抗してロシアと組み、「中国は世界最大の製造・貿易および外国為替保有国に成長した。中国はどんな危険と挑戦にも対応できるあらゆる必要な条件と能力・自信を持っている」と話した。

突然トランプが「中国手なずけ」にオールインし短期戦で失敗する「不都合なシナリオ」が浮上する。習近平は憲法改正で終身執権の道を開いたが、トランプは再選に成功しても5年後には退く。トランプのような「変則ボクサー」ですら習近平の中国をまともに手なずけることができなければ世の中はどうなるだろうか。米国に第2のトランプが出てくるだろうか。中国は長期戦で勝利して「ブレーキのないベンツ」のように疾走するだろうか。

米中覇権競争を見つめる韓国人の心境は複雑だ。北東アジアの路地で大きくなった体を見せつけたびたび乱暴を働く「荒々しい隣人」を路地の外の「大きな拳」が介入してしつけてくれ教養人にしてくれるよう望む気持ちがある。別の一方ではだれもが自由貿易秩序を守って輸出で生きる韓国経済が順調になることを望む気持ちも切実だ。自由貿易で立ち上がり民主主義を成し遂げた韓国人の立場では、米国には自由貿易を、中国には民主主義を促したい。それでもしばらくは頭脳は機敏に、声は低くし、行動は小さくしなければならない。

米中対立が韓国には危機であり機会であるという分析もあるが、リスク要因が大きいようにみえる。貿易戦争の渦中で1-3月期の成長率はマイナス0.4%に後退し、経常収支も7年ぶりに赤字となった。それなのにいまこの政府は危機に対処する戦略や意志と能力があるのか気になる。外交部を排除したために無視された外交官らは無気力、無能力、無責任になっているという。政界出身の未熟者でなく職業外交官らが再び専門性を生かして精巧な対外メッセージを整えなければならない。

政府高官であれ政治家であれ米国に行って中国の話を公開的にしてはならない。中国に行っても同様だ。対外危機の前では国益を最優先にし党派を超越しなくてはならない。「ひとつの部屋に2人が一緒にいる時、米国人は互いに告訴し、中国人は商売の駆け引きをし、韓国人は互いに争おうとする」という米国のジョークがある。決して笑い流すことではない。

外交対立のため2015年2月に終了した700億ドルの韓日通貨スワップをいまからでも復元し金融危機の防波堤としなければならない。感情から抜け出し冷酷な国際政治の現実を直視することが危機を乗り越える近道だ。

チャン・セジョン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】トランプが習近平に敗北するならば=韓国

    2019.06.10 11:38
    뉴스 메뉴 보기
    日中関係が急速に近づいている。日本の安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席はぎくしゃくしていた両国関係を後にして国益のため再び手を組んだ。これに対し韓国は日本との緊張関係が続いている。(写真=中央フォト)
    TOP