주요 기사 바로가기

【社説】日米は蜜月なのに韓国は「蚊帳の外」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.28 06:49
0
日本と米国の蜜月の中で韓国は孤立状態に進む雰囲気だ。安倍晋三首相は訪日したドナルド・トランプ米大統領と一昨日のゴルフミーティングに続き昨日は首脳会談を行った。会談で両首脳は北核問題を含めた韓半島(朝鮮半島)事案まで話し合った。安倍首相は会談後の記者会見で「北朝鮮情勢を含め十分に時間をかけて方針の綿密なすりあわせを行った」として「北朝鮮問題で日米の立場は完全に一致している」と明らかにした。安倍首相は拉致問題解決のために金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長と直接会うという決意まで見せた。

今回の日米首脳会談を見ると、むしろ安倍首相が北核仲裁者になったようだ。韓国は仲裁者でなく部外者になったような感じだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北東アジアの首脳からそれとなく排除されている雰囲気だ。トランプ大統領は文大統領が要請した訪韓に対してまだ確答していない。来月に開かれる大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)直後のトランプ大統領の訪韓日程はまだ確定していない。日本は大阪G20サミットの時の韓日首脳会談に対して意思がないとしている。習近平中国国家主席の訪韓も、最近、取りやめになった。北東アジアで韓国だけが大海原の中を漂っている局面だ。

日米首脳会談過程でトランプ大統領に対する安倍首相の「おもてなし」(日本式歓待)もやはりもう一度見てみる必要がある。もちろん、やりすぎなくらいだ。安倍首相はトランプ大統領と相撲を観覧し、ゴルフを一緒に打ち、東京六本木の炉端焼きで夕食を取るなど厚くもてなした。日本では安倍首相の過度な“親切”に冷たい視線が向けられているともいう。狙いははっきりしている。安倍首相のもてなしを通じて親交を築き、急変する国際情勢の中心に立ったトランプ大統領に密着して日本の国益を守ろうとすることだ。

最近の米中貿易戦争は、2つの列車が一つの軌道で向かい合って走っている様相だ。そのような衝突状況で日本の被害を最小化しようというのが日本の外交戦略だ。日本は中国の浮上を牽制(けんせい)するために米国とインド太平洋戦略で連帯している。安倍首相はこれまでもトランプ大統領に特に注力し、トランプ大統領は安倍首相の意見を傾聴した。その一方で安倍は昨年末に習主席と首脳会談をおこなって経済協力と北朝鮮非核化で意見を交換した。

このような柔軟で、あまつさえ狡猾ささえのぞく両股外交を韓国は他山の石としなければならない。膠着した北核交渉や米中貿易戦争の被害などは、私たちのまさに眼の前にある現実の問題だ。しかし、韓国政府は緊迫した国際情勢に対してあまりにものんびりしすぎているようだ。文大統領が4月にワシントンで行ったトランプ大統領との首脳会談で単独面談した時間はたったの2分だけだった。韓米首脳が緊密に議論する時間さえなかった。日本とは外交・経済・軍事など葛藤を解消することができずにいる。時限爆弾ともいえる米中衝突の懸念は韓国経済にさらに奥深く広がっている。

韓半島をめぐる北東アジアは、1950年韓国戦争(朝鮮戦争)以降、最大の非常状況だ。米中貿易戦争と北核問題にしっかりと対処できず、一つ間違えれば経済や安保でともに不覚を取りかねない。北核仲裁者はおろか、尻尾を捕えられて振り回される可能性もある。このような時であるほど、韓日米安保協力体制に基づいて結束の強い首脳ネットワークを構築しなければならない。緊迫した国際情勢で悪材料を好材料に変えるためには、だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP