주요 기사 바로가기

「5月に弾道ミサイルを北が開発、500キロの核弾頭搭載可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.07 06:48
0
先月4日と9日、北朝鮮が2度にわたって発射した短距離弾道ミサイル(SRBM)は韓国内目標を核攻撃できる能力を備えたという分析の結果を米ミドルベリー国際学研究所非拡散研究センターのジェフリー・ルイス所長が5日(現地時間)、発表した。ルイス所長は先月4日、北朝鮮元山(ウォンサン)であった最初の発射時の衛星映像を分析した後、該当発射体が短距離弾道ミサイルだと明らかにした核・ミサイル専門家だ。

ルイス所長はこの日に公開した「K短距離弾道ミサイル初期分析」という報告書でKN-23の直径を0.95メートル、長さは7.5メートルとそれぞれ推定した。KN-23は2018年2月8日北朝鮮軍建軍70周年記念閲兵式で今回のミサイルが初めて公開された時、米国の情報当局が名付けたコード名だ。「KN」は北朝鮮(Korea North)を意味する。数字23は米情報当局が把握した23番目の新型ミサイルという意味だ。

ルイス所長はシミュレーションを実行した結果、このミサイルは500キログラムの弾頭を搭載して最大450キロメートルまで飛行することができると分析した。彼はこのような性能分析を通じて「平沢(ピョンテク)の米軍基地を含む韓国多くの目標に在来式、または核搭載物を送るのに十分だろう」と判断した。

これに関連して合同参謀は先月9日北朝鮮が発射したミサイルが420キロメートルまで飛行したと発表した。また、一般的に500キログラムの搭載量なら核弾頭を搭載できると見なす。宋永武(ソン・ヨンム)前国防部長官は2017年9月4日、国会で「北朝鮮が500キログラム未満の核弾頭小型化に成功したと推定している」と話した。

ルイス所長は報告書で今回のミサイルを北朝鮮固有のデザインと生産の結果だと判断した。当初KN-23は外見がロシア製ミサイルであるイスカンデルに似ていたため、一部ではロシアから輸入したという推測もあった。彼は自主開発の証拠として北朝鮮がKN-23の固体燃料エンジン実験を2017年10月中旬に咸鏡南道咸興(ハムギョンナムド・ハムフン)で終えたということを挙げた。ルイス所長が確保した2017年10月17日咸興地域の赤外線衛星映像では固体燃料エンジンの噴射実験に現れる焦がした跡が明らかに底に見えた。遅くとも1週間前に該当地域で噴射試験があったということを見せている。それによると、KN-23とイスカンデルは尾翼と操縦装置がそれぞれ異なる。尾翼と操縦装置はKN-23が50キロメートル以下の高度で不規則な軌道で飛行させる核心部品だ。

ルイス所長は報告書で「KN-23が長距離弾道ミサイルではないため、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が2018年4月20日労働党中央委員会全員会議を主宰して採択した核・ミサイル試験中断決定書を破ったわけではない」とし「しかし、さらに多くの核実験や弾道ミサイル発射をやめることを要求する国連安全保障理事会決議に違反したのは明らかだ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP