주요 기사 바로가기

【写真】17世紀の朝鮮が見た世界、太平洋が中心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.30 07:29
0
1994年に盗難に遭った宝物第1008号の咸陽朴氏(ハミャン・パクシ)の正郞公派門中典籍の一部である「万国全図」がこのほど25年ぶりに回収された。

29日、韓国文化財庁によると、この地図は汝弼(ヨピル)朴廷薛(パク・ジョンソル)が1661年に彩色筆写した世界地図で、韓国で現存する洋式世界地図のうち最も古いものだという。東アジアではなく太平洋を中央に置いた地図だ。下の写真は拡大した韓半島(朝鮮半島)の部分。

ソウル警察庁はこの日、譲寧大君(ヤンニョンデグン)の直筆の木版など、盗難に遭った国家指定の文化財123点を処分しようとしていた業者を摘発したと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【写真】17世紀の朝鮮が見た世界、太平洋が中心

    2019.05.30 07:29
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の宝物第1008号の咸陽朴氏の正?公派門中典籍の一部である「万国全図」(上)とその中の韓半島の部分(下)。(写真提供=ソウル地方警察庁)
    TOP