주요 기사 바로가기

日本、韓国とはしないのに…中国とは防衛相会談を推進

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.29 08:17
0
今月31日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で韓日防衛相間の公式会談を進めないことを決めたと日本メディアが伝えた。読売新聞は28日、日本政府関係者の言葉を引用して「(岩屋毅防衛相は)韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官との正式な会談は見送り、立ち話程度の接触にとどめる予定」と報じた。これに先立って18日、岩屋氏は「(韓国との間に)いろいろ問題は起きたが、元の関係に戻したい」と明らかにした。これに伴い、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した状況で韓日両国が安保協力を通じて膠着状態を改善していくのではないかという見方が出てきた。

岩屋氏の姿勢変化に関連し、読売は防衛省幹部の言葉を引用して「岩屋氏は鄭氏との会談に意欲を示していたが、韓国海軍による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題に注目が集まることは避けられず、『時期尚早』と判断した」と伝えた。

ただし、今回の会議で韓日米3カ国の会談は予定通り開かれると読売は伝えた。また、日本側は中国とは防衛相会談を持つ計画だ。同紙によると、防衛省は、来月1日の岩屋氏と中国の魏鳳和国務委員兼国防相の会談に向けて実務協議を行っている。

今回の韓日防衛相会談の見送りが来月28~29日に大阪で開かれる世界主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の韓日首脳会談開催に影響を及ぼしかねないという見方もある。日本政府はメディアを通じて「首脳会談がないかもしれない」というメッセージを流してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP