주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民に人種差別の男、罰金184ポンド…「処罰軽すぎる」の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.23 14:10
0
イングランドプロサッカーのトッテナムのエース孫興民(ソン・フンミン、27)に人種差別的な発言して物議をかもした英国現地サッカーファンが捕まった。英国現地裁判所はこの男に罰金を科したが、ホーム試合出入り禁止措置は承認しなかった。

英日刊紙ガーディアンは23日、「ロンドン治安裁判所が孫興民に人種差別的な発言をした中年男性に対して罰金184ポンド(約2万5000円)を科した。しかしサッカー場出入り禁止措置は取らなかった」と報じた。

この男は昨年10月、ウェストハム-トッテナムのカラバオカップ(リーグカップ)16強戦の直後、競技場を出て行く孫興民を近づいて人種差別的な発言をした。トッテナムのファンのように装って孫興民が運転する車に近づいた後、「「映画『猿の惑星:聖戦記』の画質の良いコピー商品を手に入れてほしい」と侮辱した。

孫興民が「何のことか」と問い返すと、「お前がDVDを売っていることはみんな知っている」と嘲弄を続けた。状況を把握した孫興民が笑って親指を立てた後、車の窓を閉めようとすると、「そうだ俺はウェストハムファンだ。くそっ(wanker)!」と叫んだ。

DVDは英国で発生するアジア人対象の人種差別事件についてよく出てくる言葉だ。「アジア系移民者が路上で違法コピーした映画やドラマのDVDを販売する」という認識から人種差別主義者がアジア人を嘲弄する時に使う。

このサッカーファンの人種差別行為は現場で状況を目撃した別のサッカーファンがツイッターに載せた。英主要メディアはもちろん、米スポーツ週刊誌スポーツイラストレイテッドがこれを大きく取り上げ、スポーツ界のホットイシューとして注目されていた。英公訴局は6カ月間、この男に対する捜査を続け、最近、匿名のウェストハムファンからこの男に関する情報提供を受け、逮捕に至った。

この男に対して公訴局は「英国全地域サッカー場出入り禁止」措置を建議したが、ロンドン治安裁判所は「やや度が過ぎる(exessive)」として棄却した。ウェストハム球団は自主的にホーム競技場(ロンドンスタジアム)出入り禁止措置を取ったが、裁判所の判決に基づき「このファンが人種差別根絶教育を履修した後、再発防止合意書に署名すれば、ホーム競技場出入り禁止懲戒を撤回することが可能」と明らかにした。

これに関連し「人種差別」という犯罪の深刻性、サッカー界が関連犯罪を根絶するために注いだ努力などを勘案すると、少額の罰金刑に終わったロンドン裁判所の判決は軽すぎるという分析が出ている。英現地サッカーファンもこうした内容が報道された後、「競技場内の人種差別が罰金184ポンドの犯罪だったか」と失望感を表している。

競技場内の人種差別行為は欧州サッカー界の以前からの悩みだ。孫興民もプレミアリーグを代表するゴールゲッターに浮上し、相手チームファンの人種差別的な発言と行為に露出することが増えた。

昨年3月のミルウォールとのFAカップ8強戦で孫興民がハットトリックを達成すると、ミルウォールのホームファンは「犬肉を食べるxx」「密かに核ミサイルを開発する国(北朝鮮と錯覚)」、「DVDで小遣い稼ぎをするxx」など人種差別的な暴言をして物議をかもした。当時、トッテナムの同僚カイル・ウォーカーがミルウォールファンに近づいて一部のファンを指さしてながら怒りを表した。

最近チャンピオンズリーグ8強で人種差別関連の質問を受けた孫興民は「私もイングランドで何度か人種差別を経験した」とし「一緒にサッカーをする選手として人種差別される選手を保護しなければならない。相手チームの選手も同じ人間という考えを持って共に人種差別問題に取り組むべきだ」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民に人種差別の男、罰金184ポンド…「処罰軽すぎる」の声

    2019.05.23 14:10
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民のインスタグラムのキャプチャー
    TOP