주요 기사 바로가기

<サッカー>アーセナルファン、孫興民に「犬を食う人」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.04 08:59
0
PK獲得のための「ダイビング」と見なされた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム、26)に対するアーセナル現地ファンの非難が人種差別に発展している。ダイビングとは相手のファウルを得るために意図的に倒れる行動をいう。

イングランドプロサッカーのトッテナム・ホットスパーに所属する孫興民は2日(現地時間)、英ロンドンのエミレーツスタジアムで行われた2018-19シーズンプレミアリーグ第14節のアーセナル戦で「ダイビング」をしたという批判を受けた。前半33分、孫興民はアーセナル選手のタックルを受けたが、孫興民が「演技」をして倒れたという解釈が出てきたのだ。

これを受け、アーセナルのファンは孫興民のインスタグラムに非難のコメントを書き込んだ。アーセナル現地ファンは「トリックを使った詐欺師」「ドラマ俳優としてキャリアを積むのはどうか」「孫興民が素晴らしいダイビングを見せた」と孫興民を揶揄した。「アジアン、チャイニーズ」「犬肉を食う人」という人種差別的な表現もあった。

これに対しトッテナムのファンと孫興民のファンは「明らかにペナルティーキックだった」とし、孫興民をかばった。トッテナムのファンは「アーセナルのファウルだった」「アーセナルのファンは勝ったにもかかわらず汚い行動をしている」と反論した。人種差別発言を指摘する内容もあり、論争は激しさを増した。

この日の試合の前半33分、孫興民は相手ペナルティーエリアでアーセナル選手のタックルを受け、主審はPKを告げた。このチャンスを生かしてトッテナムは得点した。しかし英BBCは文字中継で「孫興民とアーセナルDF選手の間に接触はなかった。ダイビングだった」と疑惑を提起し、孫興民に対する非難が続いた。この日、トッテナムは2-4でアーセナルに敗れた。

孫興民は試合後のインタビューで「私がペナルティボックス内でボールを持っている状況でホールディングと接触があった。私の観点でその場面は間違いなくPKを宣言するほどの状況だった。私はダイビングをする選手ではない」と主張した。

一方、この日の試合は地域のライバル、トッテナムとアーセナルのプライドがかかった対戦だった。両チームともにロンドン北部を縁故地とするため「北ロンドンダービー」と呼ばれている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>アーセナルファン、孫興民に「犬を食う人」

    2018.12.04 08:59
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民のインスタグラムのキャプチャー
    TOP