주요 기사 바로가기

「防毒マスクをかぶってご飯を食べる世の中が来るかもしれません」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.16 08:01
0
14日午後、ソウル光化門(クァンファムン)広場。広場の中央に40卓の円卓テーブルがある。白いテーブルクロスの上にはフォークやナイフとともに携帯用酸素ボンベが置かれていた。300人余りの客が席を埋める中、きれいに盛り付けられたコース料理がサービスされた。マスクをつけている客もかなり目についた。彼らは食事をする時だけマスクをしばらく外した。食事の途中で携帯用酸素ボンベに口をあてて酸素を吸ったりした。両側の道路から車が吹き出す媒煙が鼻を刺した。

京畿道城南市盆唐(キョンギド・ソンナムシ・ブンダン)から来たキム・ヘスクさん(64)は「普段はマスクをあまり使わないが、到底座っていることはできないので、マスクをしながら食事している」とし「喉も痛く鼻も痛くて、料理を食べているのか粒子状物質を食べているのか分からないという気がする」と話した。

この日、光化門広場では「粒子状物質の中のダイニング」行事が開かれた。ソウルの中心部である光化門広場で食事をしながら、粒子状物質の弊害ときれいな空気の重要性を体を使って体験しようという趣旨だ。与野党政治家、学界の人々を含めて全国から集まった300人余りの市民が参加した。

国家気候環境会議の潘基文(パン・ギムン)委員長は映像祝辞メッセージで「水は選んで飲めるが、空気は選んで吸うことができないので、粒子状物質との戦いを我々は回避することができない」とし「国民が共感できる政策を通じて解決の糸口を見つけなければならない」と話した。

実際、この日昼間まで「普通」水準だったPM2.5(微小粒子状物質)の濃度は行事時間が近づきながら徐々に高まった。

食事が始まった午後6時には最も近いソウル中区(チュング)測定所のPM2.5濃度が41マイクログラム/立方メートルで「悪い」(36~75マイクログラム/立方メートル)水準まで高まった。ここに道路から舞い上がる粒子状物質まで重なり、息がしにくいほどだった。

この日の食事は韓食レストラン「尹家名家」のオーナーシェフ、ユン・ギョンスク氏が準備した。ユン氏は「私は慢性閉塞性肺疾患者だ。粒子状物質は私にとっては生命と直結する問題なので他人事ではない」とし、行事を企画した理由を明らかにした。

行事を主催した韓半島平和エネルギーセンターのイ・ビョンリョン理事長も「ソウルで最も空気の悪いところを選んで招待したが、実際に来てみるとバツが悪い」としつつも「粒子状物質の害悪を感じようと来てくれたことに対して感謝する」と話した。

韓半島平和エネルギーセンターは「光化門レストラン」の後続として、23日から7月17日まで9回にわたり粒子状物質リレーセミナーを開催する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「防毒マスクをかぶってご飯を食べる世の中が来るかもしれません」=韓国

    2019.05.16 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    14日、ソウル光化門広場で開かれた「粒子状物質の中のダイニング」行事で、参加者が防毒マスクをかぶって食事をする姿を演出している。
    TOP