주요 기사 바로가기

【コラム】我々全員が日本の「反省」を念願すべきなのか=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.02 09:01
0
ドイツのベルリンに行けば一日に1、2回は「ホロコースト記念碑」を通過する。ブランデンブルク門とポツダモ広場の間に、観光客が集まる連邦議会議事堂とフリードリヒ街から徒歩10分の距離にある。高さが異なる濃い灰色の直六面体の石材(計2711基)が並んでいる独特の光景は通行人の足を引き止める。この空間の正式名称は「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。直六面体が置かれたところの地下にはユダヤ人虐殺の歴史に関連する展示館がある。入口にはこのように書かれている。「それは確かに起こった。起こったということは再び起こりうるということだ」。

初めてそこに行った時、その位置と大きさに驚いた。ソウルでいえば徳寿宮(トクスグン)ほどに該当し、大きさはサッカー場3個分だ。東京の中心部にこれほどの規模で「全世界太平洋戦争犠牲者のための追悼碑」を造成していればどうなっていただろうか。韓国人としてそのような想像をしないはずがない。

2014年6月に韓国政府の日帝強制動員犠牲者追悼碑建設を取材するため南太平洋島国パプアニューギニアに行った。コポポという都市に高さ6メートルの塔があった。第2次世界大戦当時、ここで日帝の軍事施設工事に動員された韓国人およそ4000人が死亡した。出張中に過去に日本が建てた慰霊塔も見た。太平洋を一望できる海辺の山の中腹に、韓国追悼碑がある場所の3、4倍以上の空間が造成されていた。日本人犠牲者を追悼する場所だった。戦争に巻き込まれて命を失った現地住民、異郷万里の島に連行されて連合軍の爆撃と飢えで犠牲になった韓国人は該当事項がないところだ。

ドイツの話に戻ろう。欧州でドイツの過去が外交問題を起こすケースは極めて少ない。ナチスを擁護したりホロコーストを否認する人が登場すれば、ドイツ政府が直ちに処罰する。走り回る上階の家の子をその家の親がひどく叱る声が聞こえるため、下の家では抗議しようと思わないのと似ている。90歳を過ぎるまで隠れて暮らしてきた戦犯を逮捕して監獄に送る国だ。1990年代後半にドイツ衣類会社ヒューゴ・ボスが強制労役問題に包まれた。第2次世界大戦当時に捕虜や占領地の住民を工場で強制的に労働させたのが問題になった。同社は専門家を呼んで調査を任せた。被害者側と賠償に合意し、代表が強制労役について謝罪した。フォルクスワーゲンやシーメンスなどドイツの代表的な企業も似たことを経験し、すでに賠償作業を終えた。ドイツの企業はこうした事案が国と国の戦後処理問題とは別だという点に異議を提起しない。

現在、欧州でドイツの地位は圧倒的だ。第2次世界大戦戦勝国の英国は国内総生産(GDP)や1人あたりの国民所得でドイツより20%ほど低い。天国のウィンストン・チャーチルは涙を流しているかもしれない。フランスも自国のことで精一杯だ。ギリシャ財政危機、ウクライナ紛争、シリア難民流入などの欧州の主要懸案に率先するのはいつもドイツだ。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)条件もドイツが受諾するかどうかにかかっている。戦後復興作業と統一に莫大な費用を使いながらも70年でこのように地域の盟主になった。

ドイツが欧州で事実上の「ワントップ」になったのはもちろん経済力のおかげだ。ところがドイツがナチスに対してあいまいな態度を取ったり軍国主義復活に向かう姿を見せたとすれば、今の権力を持てただろうか。おそらく周辺国がどうにかしてドイツの国際的影響力を減らし、「教養のない孤立した成金」になっていただろう。

それで少し考え方を変えれば日本の「歴史挑発」は幸いだ。戦犯の位牌がある靖国神社に首相と閣僚が参拝して供物を奉納したからといって激しく批判する必要はない。静かに指摘しながら一つずつ書き残しておけばいい。本当に心配すべきことは欧州の国がドイツに対してするように、我々が経済・外交・安全保障のために日本の表情をうかがうことだ。日本が立ち止まり、我々が頑張って走ってここまできたが、再び遅れを取ることはできない。

日本では新天皇が即位し、「美しい調和」という意味の令和時代が開かれたと祝っている。その言葉のように世界の調和のために日本政府が右傾化から抜け出して周辺国に未来志向的な態度を見せればどうだろうか。いつもしかめっ面をしている隣人が突然笑顔で近づいてくる時のようにむしろ気味が悪いかもしれない。それでも拒むことでもない。少なくとも日本に怒ることを愛国の証票とし、「土着倭寇」容疑の反証とする我々の内部の幼稚な消耗戦から抜け出せるのだから。

イ・サンオン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP