주요 기사 바로가기

手の甲の傷-防犯カメラ証拠にも「やってない」と言ったパク・ユチョン容疑者…「これ」で崩れた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.30 08:32
0
俳優で歌手のパク・ユチョン容疑者(33、拘束)が29日、提起されていた麻薬購入・使用容疑の大部分を認めた。「断じて麻薬はしてない」という涙の記者会見を自ら開いて19日目のことだ。

パク容疑者はこれまで容疑を強く否認してきた。体内から覚せい剤のメタンフェタミン(別名ヒロポン成分が検出されたという国立科学捜査研究院(国科捜)の鑑定結果や麻薬販売者のものと疑われる銀行口座に送金する様子が映された防犯カメラ(CCTV)が出てきても揺れなかった。そのようなパク容疑者の心境に「180度変化」が起きたのだ。

京畿(キョンギ)南部地方警察庁麻薬捜査隊によると、パク容疑者はこの日の取り調べで多くの容疑を認めた。パク容疑者はこれまで過去に恋人関係だった南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者(31、拘束)と2月17日、3月10日と12日の3回にかけて1.5グラムほどのメタンフェタミンを購入した後、5回に分けて使用した容疑を受け入れた。だが、パク容疑者はこの中で、先月10日の麻薬購入容疑だけ否認し、残りの2回は認めたという。警察はこの件はファン容疑者の犯行とみている。

パク容疑者のこのような心境変化は、拘束(26日)後初めて行われた28日の取り調べの時にある程度予見されたというのが警察の説明だ。ひとまず裁判所から拘束令状が発行されれば、検察送検前まで警察署の留置場に収監される。

生まれて初めて見る被疑者と一緒に過ごすことになる。移動時は手錠をかけなければならず、縄にも縛られる。

パク容疑者は拘束以降の精神的衝撃が相当みられたという。そのためか、28日の取り調べは3時間余りで終わった。パク容疑者は、調査の終盤に弁護人を通じて「事実関係などを整理する時間が必要だ」と要請したことが分かった。

結局、パク容疑者の容疑を立証する最後のパズルは、新たな情況証拠ではなく「拘束」だったということだ。京畿(キョンギ)大学犯罪心理学科のイ・スジョン教授は「パク・ユチョンが(麻薬容疑を認めた瞬間)『今回は終わりだ』という考えで、切迫した思いで抜け出ようとしたようだ」とし「そうするうちに国科捜の鑑定結果が出て、企画会社の保護を受けられないまま、すべて一人で耐えなければならない状況に拘束まで重なり、相当な衝撃を受けたものとみられる」と話した。

これまでパク容疑者は警察から出されたさまざまな状況証拠にも心境変化はなかった。代表的なのが体毛分析過程から出た麻薬陽性反応だ。警察は18日の2回目の取り調べを終わらせた後の23日ごろに国科捜から結果通知を受けた。

陽性反応結果が知らされると、パク容疑者の弁護人は「国科捜の検査結果は否めない事実だが、パクさんは『麻薬はしていない』という立場」としながら「どのようにパクさんの体内から(麻薬成分が)検出されたのか調べている」とした。注射の跡が疑われる手の甲の傷は「数カ月前にケガをした」と主張した。

警察関係者は「さまざまな科学的な証拠がそろっているにもかかわらず容疑を否認し続ければ、後で起訴された時、相対的に重い処罰を受ける可能性があると判断したようだ」と話した。警察は追加で使用した麻薬がないかどうか調査した後、今週にパク容疑者を送検する予定だ。

警察はパク容疑者がファン容疑者とともにメタンフェタミン1.5グラムを購入したとみている。通常の投薬量を考慮して1グラム程度残っていると判断し、追加の使用容疑を調査する。成人のメタンフェタミン1回の使用量は普通、最大0.05グラムだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    手の甲の傷-防犯カメラ証拠にも「やってない」と言ったパク・ユチョン容疑者…「これ」で崩れた

    2019.04.30 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョン容疑者
    TOP