주요 기사 바로가기

パク・ユチョン、麻薬使用の疑いで逮捕…「逃走のおそれ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.27 09:59
0
麻薬使用の疑いで歌手兼俳優のパク・ユチョン容疑者(33)が逮捕された。

水原地裁のパク・ジョンジェ逮捕状担当判事は26日、「証拠隠滅および逃走のおそれがあり、拘束の理由が認められる」とし、逮捕状を発行した。

これに先立ちこの事件を捜査中の京畿(キョンギ)南部地方警察庁麻薬捜査隊は23日、麻薬類管理に関する法律違反の疑いでパク・ユチョン容疑者に対する逮捕状を請求した。

パク容疑者は元婚約者でナムヤン乳業創業者の孫ファン・ハナ容疑者(31)と今年2、3月に3回にわたり麻薬を購入し、5回に分けて使用した疑い。別件の麻薬使用で逮捕されたファン容疑者はパク容疑者に勧められて一緒に麻薬を使用したと供述した。これを受け、警察はパク容疑者に対する捜査に着手、昨年破局を伝えた2人が先月までお互い行き来しながら会っていたことを確認した。

パク容疑者がソウルのATMで麻薬取引口座と推定されるところに数十万ウォンを入金する場面もCCTVに映っていた。送金から20-30分後に麻薬と推定される物品を取りに来る場面も確認された。

パク容疑者右手の甲には疑わしい傷もあった。パク容疑者は左手をよく使うと知られている。パク容疑者の弁護人は「手の甲の傷は数カ月前にけがをした時のものであり、小指にも当時のけがの傷跡がある」と主張した。警察はファン容疑者の手にもパク容疑者の手と似た傷があることを確認した。しかしファン容疑者の手の傷はパク容疑者のようにはっきり見えないという。

決定的な証拠はパク容疑者の体毛から出てきた。警察がパク容疑者の脚の毛などを採取して国立科学捜査研究院に鑑定を依頼した結果、陽性反応を示した。しかしパク容疑者は17日、18日、22日の3回の警察の取り調べで容疑を否認したという。パク容疑者は警察の取り調べが始まる前の10日にも記者会見を開き、「麻薬を使用していないし、勧めたことなどない」と主張した。

パク容疑者の弁護人は「国立科学捜査研究院の検査の結果は否認できないが、パク氏は『麻薬を使用していない』という立場」とし「どのようにパク氏の体内から(麻薬成分が)検出されたのか調べている」と依然として容疑を否認した。パク容疑者はこの日の逮捕状実質審査でもすべての容疑を否認したという。

一方、水原(スウォン)地検強力部はこの日、2015年5月から9月まで自宅などで麻薬を使用した疑いなどでファン容疑者を起訴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パク・ユチョン、麻薬使用の疑いで逮捕…「逃走のおそれ」

    2019.04.27 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョン
    TOP