주요 기사 바로가기

サムスン電子、「半導体ビジョン2030」発表…133兆ウォン投資・1万5000人採用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.24 15:17
0
サムスン電子が「半導体ビジョン2030」を発表して、2030年までにシステム半導体分野の研究開発・生産施設の拡充に133兆ウォン(約13兆円)を投資して専門担当者1万5000人を採用すると明らかにした。

24日、サムスン電子によると、システム半導体事業の競争力強化のために、2030年までに韓国内のR&D分野に73兆ウォン、最先端生産インフラに60兆ウォンを投資する。華城(ファソン)キャンパス新規EUV(極紫外線)ラインを活用して生産量を増大し、国内新規ラインへの投資も引き続き行っていく。また、技術競争力の強化のためにシステム半導体R&D・製造専門担当者1万5000人を採用する。

このような計画が実行された場合、2030年までに年平均11兆ウォンのR&D・設備投資が執行されて生産量が増加しながら42万人の間接雇用誘発効果が発生することが予想されるとサムスン電子は説明する。

サムスン電子はまた、システム半導体インフラと技術力を共有してファブレス(Fabless、半導体設計専門業者)、デザインハウス(Design House、設計サービス企業)など国内のシステム半導体生態系の競争力を底上げしていく方針だ。

サムスン電子は「果敢で先制的な投資と国内中小企業との共生協力を通じて韓国システム半導体産業の発展をリードしていきたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP