주요 기사 바로가기

韓国・大田の市民団体、8月に大田平和の少女像横に強制徴用労働者像設置

ⓒ 中央日報日本語版2019.04.11 11:49
0
大田(テジョン)地域の市民団体が8月15日に大田に「日帝強制徴用労働者像」を作ると宣言した。

大田地域の市民・社会・労働団体は10日午後、大田西区のボラメ公園にある大田平和の少女像前で「日帝強制徴用労働者像建設宣言式」を開いた。

これら団体は8月15日の光復節に、大田平和の少女像があるボラメ公園で労働者像除幕式を開催することを目標に事業費約8000万ウォンを市民募金を通じて調達する計画だ。今回大田に建てられる労働者像はソウルと済州(チェジュ)、釜山(プサン)、仁川(インチョン)、慶尚南道(キョンサンナムド)、蔚山(ウルサン)に続く7番目の「日帝強制徴用労働者像」だ。

大田市民団体は記者会見で「大法院が(強制徴用に対する)賠償を判決したが、これすら無視し謝罪すらしていない。これに対しわれわれは日帝の強制徴用蛮行を忘れないという気持ちで、再びこのようなことが発生しないようにするという決心でこの場に日帝強制徴用労働者像を建てるだろう」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国・大田の市民団体、8月に大田平和の少女像横に強制徴用労働者像設置

    2019.04.11 11:49
    뉴스 메뉴 보기
    釜山の強制徴用労働者像。市民団体のメンバーが記念写真を撮影している。
    TOP