주요 기사 바로가기

釜山市民団体「強制徴用労働者像、日本総領事館前に設置して謝罪受ける」

ⓒ 中央日報日本語版2018.12.27 06:51
0
釜山(プサン)市民団体が強制徴用労働者像を日本総領事館前に必ず設置して日本政府の謝罪を受けると宣言した。

日本軍慰安婦問題解決のための釜山女性行動と少女像を守る釜山市民行動のメンバーら100人余りは26日午後、釜山東区草梁洞(チョリャンドン)の鄭撥(チョンバル)将軍銅像前で集会を開いて強制徴用労働者像の設置保障を求めた。

彼らは宣言文を通じて「今年の和解・癒やし財団の解散と強制動員訴訟に対する大法院(最高裁)判決は小さな始まりに過ぎない」とし「慰安婦合意が廃棄されて強制徴用労働者が法的な賠償を受ける日まで行動を止めない」と強調した。

キム・ジェハ全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山本部長は「来年の三一節(独立運動記念日)、メーデー、光復節(解放記念日)のうち、今年設置が失敗に終わった強制徴用労働者像を必ず日本総領事館前に立てて日本から公式謝罪を受ける」と話した。集会参加者は強制徴用労働者像の模型を日本総領事館前少女像横に移して「今すぐここに」と書かれた手立て札を持って記念撮影を行った。

これら市民団体は今年5月に日本総領事館前に強制徴用労働者像を設置しようとしたが、外交的な衝突の可能性を懸念した韓国政府と釜山市によって失敗に終わっていた。この過程で破損した強制徴用労働者像は、現在、修理のために京畿道(キョンギド)に保管中だという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    釜山市民団体「強制徴用労働者像、日本総領事館前に設置して謝罪受ける」

    2018.12.27 06:51
    뉴스 메뉴 보기
    5月31日、市民団体の反発の中、釜山東区庁関係者がフォークリフトとトラックを使って釜山日本総領事館近くの歩道の前に設置されていた強制徴用労働者像の行政代執行(強制撤去)をしている。
    TOP