주요 기사 바로가기

韓国で日本人観光客に偽ブランド品販売、摘発

ⓒ 中央日報日本語版2019.04.09 12:01
0
日本人観光客に偽ブランド品を販売したグループが摘発された。

ソウル中区(チュング)は、明洞(ミョンドン)と南大門(ナムデムン)市場一帯で日本人観光客に声をかけて秘密倉庫に案内し、偽ブランド品を販売した50代のAなど3人が最近摘発されたと9日、明らかにした。

Aらは2017年から外国人観光客が集まる明洞や南大門市場で日本人観光客だけを狙って客引き行為をし、関心を見せる観光客を秘密倉庫に連れて行って偽ブランド品を販売してきたことが明らかになった。

ソウル中区側は秘密倉庫を捜索し、ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスなど海外ブランドのコピー商品およそ7100点を押収した。正規商品の価格では40億ウォン(約4億円)相当にのぼる量だ。Aらは客引きと共に来る日本人観光客のほかには出入りを徹底的に制限し、区の取り締まりを避けてきた。

ソウル中区流通秩序整備チームの関係者は「建物に入った日本人が黒い袋を持って出てくるのを見て偽ブランド品の取引と確信した」と語った。

ソウル中区のソ・ヤンホ区庁長は「区の取り締まりで陳列・販売が難しくなり、隠れて取引しているようだ。これに対応して取り締まりもアップグレードする」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で日本人観光客に偽ブランド品販売、摘発

    2019.04.09 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    秘密倉庫に展示、保管されていた偽ブランド品およそ7100点。
    TOP