주요 기사 바로가기

「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.21 11:02
0
「モジュール・システム韓服」とも考える。部分を組み合わせて全体を作るという意味にもなり、変形や延長に限界がないという意味にもなる。ことし買った韓服に翌年はチョゴリを1つ足して新たに着るという方法も可能だということだ。

カラーと素材を自由に組み合わせられる理由は単純なデザインにある。伝統韓服特有の高級なラインは生かすものの、刺繍や金箔などの装飾を最小化した。最近は肩の部分を西洋衣装のように立体感を持たせる韓服も多いが、好好堂の韓服は底に置いた時平たくなる伝統韓服特有の平面的デザインを選んだ。デザインが単純になると、かえってモダンに見える。

上衣と下衣を別に着る韓服の特性を活用し、2つのカラーの組合せだけで美しい服になるようにした。カラーはトゥロク色、アファン色、ポンル色、ピョク色など韓国固有の色を使った。生地も直接織った。慶尚南道晋州(キョンサンナムド・チンジュ)で2種類の色糸で織ったノバンの生地を作った。生地を織った後で染める方式ではなく、2色の糸を混ぜて1つの色を作る伝統的な「先染め」方式だ。糸と糸を組み合わせて作ったノバン素材は動くたびに色が微妙に変わり美しい。

好好堂の韓服はデザインと色合いは伝統にこだわる代わりにアクセサリーやスタイリングで面白味を与える。子供の韓服にプレイモービルとコラボしたおもちゃのノリゲ(飾り)を付けたり恐竜のブローチを付けたりできるように考案したのもそのためだ。ヴィクトリアとコラボし子供の韓服に伝統的な履き物の代わりにスニーカーを提案することもした。最近ではアモーレパシフィック・マガジン『ヒャンジャン』と伝統韓服にコートを合わせるスタイリングを紹介した。人々に「韓服は面白くて良いもの」という認識を与えたいためだ。

最近、好好堂周辺の清雲洞一帯にも国籍不明の韓服を着た観光客が多い。派手な金箔・レース・リボン装飾、過度に膨らませたスカートなどが果たして「韓服」といえるか議論になっているほどだ。

ヤン代表はそのような韓服でも多くの人が簡単に着て喜んでくれれば、それ自体で意味があると考える方だ。白いシャツをタイトに着ようがオーバーサイズで着ようが誰も文句を言わないのに、韓服だけ唯一格式に固執しているということだ。ただし、より多様な選択肢を提供できない物足りなさはあるという。変形した韓服と伝統韓服が共存すべきだが、今は変形した韓服ばかりが路上を掌握している。ヤン代表は「好好堂を通じて美しい伝統韓服の選択肢を広めたい」とし、「韓服を着るつもりがなかった人も、私も1回くらいああいう風に着てみたいという思うほど素敵でありながら日常的な伝統韓服を見せてあげたい」という抱負を伝えた。
「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(2)

    2019.03.21 11:02
    뉴스 메뉴 보기
    ヴィクトリアとコラボして子供達の韓服にスニーカーを合わせた。
    TOP