주요 기사 바로가기

「文在寅大統領のインドでの『ヨガ講師』発言当時、娘はすでに海外移住」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.08 08:15
0
韓国野党「自由韓国党」の郭尚道(クァク・サンド)議員は7日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年7月にインド国賓訪問当時、『私の娘も韓国でヨガ講師をしている』という発言をした時にはもう娘のダヘ氏は海外移住状態だった」と主張した。

郭議員はこの日午前、国会正論館で記者会見を開き、「大統領はインドでの演説当時、娘さんが海外移住しているということを知らずにいただろうか」と話した。

郭議員は「文大統領は昨年7月9日にインドを国賓訪問した時、『私の娘も韓国でヨガ講師をしている』と演説して大きな拍手喝采を受けた」としながら「ヨガ講師をしているという便りは大統領参謀さえ知らなかった内容だとし、各報道機関で言及されてトップニュースとして扱われた」と説明した。

郭議員は「大統領の外孫は昨年6月中旬ごろにすでに東南アジアに出国した」とし「通常、海外移住をすることになれば引越しの荷物を船に積載して数カ国を経由して輸送されるため約25~30日が必要とされる。時期的に6月中旬に海外に出国したとすると、5月中旬ごろには引越し荷物を送ったことになる」と主張した。

郭議員は「このころから大統領警護室でも海外警護を始め、大統領にも報告されることが正常の業務遂行だったはず」としながら「大統領がインドを国賓訪問して演説し、マスコミで報道されたのは韓国時間で2018年7月9日午後7時半ごろだった。娘さんは翌日の10日に夫から贈与を受けた不動産を売買契約し、11日に息子が通っていた学校に海外移住申込書を提出した」とした。

一方、共に民主党はこの日、郭議員を虚偽事実の摘示による名誉毀損、個人情報保護法違反などの容疑で告発状を提出した。郭議員はこれに先立ち、ダヘ氏家族の不動産贈与および海外移住に関連した疑惑を持続的に提起してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP