주요 기사 바로가기

韓国安保専門家「日本の哨戒機事件でも韓国と敵対関係には進まない」

ⓒ 中央日報日本語版2019.01.28 11:15
0
峨山(アサン)政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長が哨戒機問題で韓日間の葛藤が続いていることについて「日本側の支持層結集の意図」と分析した。

申センター長は28日、YTNのラジオ番組に出演し、韓日間の哨戒機問題に関し「日本側には国内政治的な意図と韓日関係に対する不満あるとみる」とし「国内政治的な意図がもっと大きい。支持層を結集するために安保イシューが役に立つ」と分析した。

続いて「日本は国内政治的な必要からこの問題を拡大しているが、韓国と敵対的な関係に進もうという考えはないはず」とし「結局、外交的解決の空間はあるので、その空間をうまく活用してこの問題を解決していかなければいけない」と述べた。

申センター長は問題解決の時期について「今年は三一節(独立運動記念日)100周年だが、韓日関係が情緒的に良い年ではない」とし「このため三一節が過ぎてから首脳会談を準備するなど、とにかく韓日関係が悪化しても解決していく対応をあらかじめしておくことが必要だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP