주요 기사 바로가기

日本、「いずも」訪韓取りやめ検討…韓国は第1艦隊司令官の訪日を延期

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.28 07:23
0
レーダーと低空飛行をめぐる韓日防衛当局間の葛藤が軍事交流の中断にまで広がっている。軍情報筋によると、キム・ミョンス海軍第1艦隊司令官は2月に舞鶴港の舞鶴地方隊(韓国の艦隊司令部)を訪問する予定だったが、最近、日本に「訪問延期」を通知した。これは韓日の艦隊司令官級指揮官(少将)が毎年交代で相手国を訪問する交流行事の一環。奇数年には韓国海軍が日本を、偶数年には日本海上自衛隊が韓国を訪問してきた。

日本防衛省も4月に釜山(プサン)沖で開催される国際海洋安保訓練に護衛艦「いずも」など数隻の艦船を派遣する計画を見直している。これはASEAN(東南アジア国家連合)拡大国防相会議の韓国開催をきっかけに準備された共同訓練だ。岩屋毅防衛相は26日、「韓国との防衛協力を維持することが重要だ」としながらも「いかなる交流方式が適切か、4月の訓練にいかなる形態で参加するのが適切かをよく検討する」と計画の修正を示唆した。

日本メディアによると、防衛省では「むやみに艦船を派遣すれば予想できないことが生じることもある」「関係改善の兆しが見えないために当分は接点を減らすのがよい」という主張が出ている。自衛隊の艦船が米国やASEAN国家が参加する共同訓練には参加するものの、釜山港には入港しない可能性もある。

朝日新聞は「韓国疲れのため日本列島を(米西海岸の)カリフォルニア沖に移したい」という幹部の言葉を引用し、「防衛省内部で韓国に対する不満が高まっている」と報じた。東京の外交筋は「こうした発言を有力紙がそのまま報道するのはそれだけ両国関係が良くないという傍証」と話した。こうした中、28日に予定された安倍晋三首相の施政方針演説でも韓国に関する比率や言及は減る可能性が高い。

これに先立ち鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官は26日、釜山(プサン)海軍作戦司令部を訪問し、日本海上哨戒機の低高度威嚇飛行に対し韓国軍の対応守則に沿って強く対応することを指示した。岩屋防衛相が25日に海上自衛隊厚木基地を訪問したことに正面から対抗するものだ。

韓日関係が最悪の状況を迎え、水面下では両国間の非公開チャンネルも稼働し始めた。李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使は16日、菅義偉官房長官に会った。東京の外交筋は「2人が食事を共にしながら両国の懸案をついて深く対話をしたのは今回が初めて」と述べた。李大使の要請で行われた対話は1時間以上続いた。通訳だけが同席した異例の1対1の対話だった。菅義偉官房長官は「日本政府内の雰囲気を率直に伝えたい」として対話の提案に応じたという。菅義偉官房長官は両国関係が硬直しているとして遺憾を表したと、情報筋は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP