주요 기사 바로가기

韓国軍、日本哨戒機の近接威嚇飛行写真を公開…「機械は嘘をつかない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.24 17:54
0
韓国軍当局が24日、日本哨戒機の23日低空飛行場面が写された写真を公開した。韓国軍は、日本が23日に発生した低空威嚇飛行を否定しており反論のカードを切った。軍当局は「機械は嘘をつかない」として哨戒機の飛行情報が記録されたレーダー画像も公開した。

軍が公開した5枚の写真は韓国海軍艦艇「大祚栄(テ・ジョヨン)」から撮影された哨戒機の飛行場面3枚とレーダーデータ画像2枚で構成されている。最初の飛行場面の写真は哨戒機と「大祚栄」から7.5キロメートル離れた地点で23日午後2時1分に撮影された。哨戒機が「大祚栄」の右舷を通過して東に向かいながら本格的な威嚇飛行を準備する時点だ。

23日午後2時3分に撮影された2番目の飛行写真は東に向かっていた哨戒機が「大祚栄」の艦尾が位置した北西に方向を決めて右舷を通過し始めた時の様子だ。数秒後に撮られた3番目の飛行写真は哨戒機が「大祚栄」に最も近接した時だ。哨戒機が「大祚栄」の右舷を通過した時、高度は約60メートル、距離は約540メートルだったと合同参謀関係者が説明した。最初と3番目の写真は赤外線(IR)カメラで、2番目の写真はビデオカメラでそれぞれ撮影した動画をキャプチャーしたものだ。国防部関係者は「映像は短いため公開しないことにした」と話した。

軍当局のこの日の写真公開は「高度150メートルを確保し、適切に運用した」という岩屋毅防衛相の23日の発言を正面から反論するものだ。写真の信頼性を高めるために軍は2番目と3番目の写真が撮影された当時、「大祚栄」の対空レーダー画像をそれぞれ公開した。2番目の写真に当たる画像には高度200フィート(60~70メートル)・距離0.7マイル(約1.12キロメートル)が、3番目の写真に当たる画像には高度200フィート(60~70メートル)・距離0.3マイル(約540メートル)が表記された。合同参謀関係者は「日本哨戒機が低高度で明白な威嚇飛行をした」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍、日本哨戒機の近接威嚇飛行写真を公開…「機械は嘘をつかない」

    2019.01.24 17:54
    뉴스 메뉴 보기
    23日、韓国海軍艦艇「大祚栄」から撮影された日本哨戒機。「大祚栄」の右舷通過時、高度約60メートル。
    TOP