주요 기사 바로가기

【コラム】韓国と日本、その永遠の平行線(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.08 08:17
0
強大国に取り囲まれた地政学的条件で、朝鮮は力より道徳で武装する道を選んだ。丙子胡乱(丙子の乱)の侮辱を受けても、朝鮮は清を女真族「蛮夷」の国だと内心蔑視して中華文明の真の継承者を自任した。旧韓末の世界史的激変期にも朝鮮は「衛正斥邪」の旗の下、国の門を堅く閉めて性理学を手放そうとはしなかった。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の残酷な戦乱を起こした日本に対しては蛮夷国・倭よりも道徳的に優位にあるという自閉的道徳優越主義で対抗した。

韓国が道徳指向的国家であることに比べ、日本は「没道徳的(amoral)」国家だと小倉教授は言う。韓国人と違い、日本人は現実を宿命として受け入れる運命論的な傾向が強いということだ。日本のテレビドラマでは恋人たちが「なぜかあなたとはうまくやっていけないと思う」と話しながら別れるが、韓国ドラマでは「あなたはこのような点が道徳的に間違っているので別れるしかない」と話しながら決別するというのが彼の観察だ。日本ドラマが伸び切って退屈なのに比べ、道徳の論理で武装した感情が際限なく衝突する韓国ドラマは退屈している暇がない。

新年早々から韓国と日本が激突している。強制徴用判決の履行と日本哨戒機に対する韓国軍艦のレーダー照射攻防をめぐり、譲歩のない対立が続いている。歴史と領土問題をめぐって両国がぶつかるたびに、それでも日本では少数であっても韓国の肩を持つ声が出てくるが韓国は全くそうではない。韓日間の葛藤事案に関する限り、韓国には思想と良心の自由、表現の自由が事実上存在しないと言っても過言ではない。このような現実を植民支配の傷だけで説明することができるだろうか。道徳より現実を重視する日本に道徳のものさしだけ突きつけているから互いに接点を探せない。永遠の平行線だ。中国の台頭で米国と中国が衝突する状況で、対日外交をこのように放置してもいいものか。

日帝強占から解放されて70年が経ち、1人当たりの国民所得が3万ドルを越えたといっても、我々の精神世界はまだ道徳性の純度をめぐって血をほとばしらせながら戦った朝鮮時代の水準から抜け出せずにいる。道徳のものさしだけで日本を裁いて日本を「敵」「奴」として扱う限り、我々は日本を克服することはできない。

ペ・ミョンボク/コラムニスト・論説委員
【コラム】韓国と日本、その永遠の平行線(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP