주요 기사 바로가기

大韓航空、機内地図に「東海」を「日本海」に表記…「アップデートエラー」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.31 09:21
0
大韓航空が一部の旅客機で乗客モニターに映し出される地図に「東海」を「日本海」と表記して物議をかもした。大韓航空は地図のアップデート過程で発生したエラーだと釈明し、直ちに是正すると明らかにした。

30日、大韓航空と乗客などによると現在、大韓航空B787-9旅客機の座席に搭載されたオーディオ・ビデオ・オンデマンド・システム(AVOD)の地図に「東海」が「日本海」と表示されている。

韓国語だけでなく英文でも「East Sea(東海)」でない「Sea of Japan(日本海)」と案内されていると伝えられる。

大韓航空関係者は「最近、B787-9機種のAVODシステムを立替型3Dにアップグレードする過程でエラーがあった」として「会社が間違った地図を使ったが、これを適時に確認できず現在、エラーを正している」と話した。

大韓航空が運用する全体旅客機143機の中でB787-9は計9機だ。この中で「東海」を「日本海」と表記した旅客機は7機ということが分かった。

大韓航空関係者は「問題になった7機以外に他の機種では地図に『東海』の表記問題がない」として「エラーが発生した旅客機に対する修正作業は明日まで100%完了する予定」と話した。

大韓航空は2012年にも自社のホームページにサービスする地図に「東海」を「日本海」と表記して物議をかもしたことがある。当時はグーグル地図を連動していたため問題が発生した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP