주요 기사 바로가기

「平壌で手厚くもてなした北朝鮮、文在寅政権に腹立てる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.11 13:00
0
防専門家である正義党の金鍾大(キム・ジョンデ)議員が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の年内答礼訪問は「事実上水泡に帰した」として2度目の米朝首脳会談以降に行われる可能性を提起した。

金議員は11日、CBSのラジオ番組『キム・ヒョンジョンのニュースショー』とのインタビューで、「先月北朝鮮の要人らに会ったがそこで感じたのは『北朝鮮が文在寅(ムン・ジェイン)政権にとても怒りを覚えている』ということだった。米国には言うまでもなく腹を立てており、韓国政府にもとても大きな怒りを覚えている」と話した。金議員は先月18日から2日間の日程で現代(ヒョンデ)グループが金剛山(クムガンサン)で開催した金剛山観光20周年行事に参加した。彼は現在正義党の平和な韓半島本部長だ。

金議員は「平壌(ピョンヤン)でとても手厚い接待を受けなかったか。北側は9・19平壌宣言後に文大統領が米国を説得して米朝関係正常化などが進むだろうと認識したようだ。開城(ケソン)工業団地や金剛山観光正常化は南側が決心できることなのに特別な行動がないため、『なぜこんなにもどかしいのか。決断力がないのか』という話をはばかることなくした」と伝えた。

彼は「韓国政府の立場では国連安全保障理事会の制裁が生きている限り突出的に南北関係を加速できない立場だと説明すれば北側が聞くことは聞く。しかし、不満、空しさ、冷遇に対しちょっとすねた感じだった。金委員長のソウル答礼訪問にどのような効果があるだろうか、北朝鮮としても一大事であるためようすをうかがうような感じだった」と明らかにした。その上で「2日間の対話中に『金委員長がソウルに行けばどんな意味があるか』と再確認する内容が一番多かった」と付け加えた。

金議員は来年初めに予定された2度目の米朝首脳会談を変数とみた。実務会談レベルでは米朝関係が膠着状態を抜け出せない状況で「実務会談をやめ、代わりに首脳会談を早めよう」というのが北側の立場だと金議員は説明した。米朝首脳会談で北側が満足できるほどの結果を得るならその雰囲気を続けさせるためにソウル答礼訪問ができるということだ。

これと関連し文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官も10日、「年内が難しくなれば来年に来ても問題ないのではないか。あまり時間に執着する必要はないのではと考える。2度目の米朝首脳会談が開かれた後に金委員長が来ればもっと良いかもしれない」と話した。金議員もやはり「この言葉に同意する」との考えを明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP