주요 기사 바로가기

韓経:【コラム】世界と断絶する韓国経済…「ベネズエラの前轍」踏むか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.10 10:47
0
少し前に駐韓欧州商工会議所(ECCK)のクリストフ・ハイダー事務総長が、「韓国経済がガラパゴスの罠に陥っている」と発言した。ガラパゴスの罠とは中南米エクアドル領のガラパゴス諸島がアメリカ大陸から1000キロメートル以上離れていることに例え世界の流れ(グローバルスタンダード)と隔離される現象をいう。

世界の流れとかけ離れた事例は意外に多い。政府の役割が世界は「小さな政府」を指向しているが、韓国は来年のスーパー予算が象徴するようにますます大きくなっている。マクロ経済目標も「成長」に対し「所得主導成長(成長と分配の境界が曖昧)」、製造業政策は「リショアリング」に対し「オフショアリング」、企業政策は「友好的」に対し「非友好的」だ。

規制政策は「フリーゾーン」に対し「ユニークゾーン」、商法改正は「経営権保護」に対し「経営権露出」、税制政策は「税金減免」に対し「税金引き上げ」、労働政策は「労使均等」に対し「労組優待」と対照的だ。明示的なことだけでなく一部政策決定権者と執行権者の意識と価値がこの罠に陥っているのはもっと大きな問題だ。

世界がひとつである時代に特定の国が成長するためには世界経済を主導できなければ最低限世界の流れには参加しなければならない。21年前、国の外では危機が迫っていると警告しているのに当事国である韓国の経済閣僚は「ファンダメンタルズは大丈夫だ」というかけ離れた診断で通貨危機を招いた痛恨の経験がある。

ガラパゴスの罠に陥れば最も懸念されるのは韓国経済に対する海外の見方が悪化する点だ。国の格付けが停滞してすでに2年を超えた。グローバルベンチマーク指数であるMSCI指数では先進国予備リストから脱落し4年が過ぎたが再進入できずにいる。

外国企業と資金も入ってこなくなったり抜け出たりする。駐韓外国企業団体は各種規制強化などで経営環境が急激に悪化していると連日批判する中で実際に撤退する外国企業が増加している。今年に入り韓国の証券市場で外国人資金は売り傾向が続く中で9月中旬以降には売り越し規模が5兆ウォンに達している。

韓国企業と資金そして人材も韓国を離れている。今年に入り国籍放棄者が3万人を超える。過去最大規模だ。企業も国内より海外に投資するのを好み実行に移す動きが明確だ。金融会社も韓国の国民を対象に資金を集めグローバル投資に熱を上げている。「3大空洞化現象」だ。

特定国が成長するためにはひとまず人材と資金、そして企業が集まらなければなければならない。ドーナツのように核心中心部が空いていれば内外の変数に脆弱で景気が簡単に不安になる「天水田経済」となる。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とともに世界2大格付け会社であるムーディーズ・インベスターズサービスは来年の韓国経済成長見通しを2.3%まで引き下げている。

簡単な生産関数(Y=f(K、L、A)、K=資本、L=労働、f( )は関数形態)を通じガラパゴスの罠の恐ろしい点をチェックしてみよう。生産関数の適用対象が世界へ拡大した場合、外国人と韓国人、外国企業と韓国企業、外国資本と韓国資本がしっかり補完されてこそ成長できる。米ペンシルベニア大学ウォートン校のジェレミー・シーゲル教授がグローバル時代に成長戦略として提示した「グローバル解決法」だ。

特定国がガラパゴスの罠に陥る最大の理由は、政策決定権者と執行者のグローバルマインドが不足しているためだ。国政運営の優先順位も「対外」より「対内」、経済閣僚が「柔軟な思考」より「硬直した思考」を持っている時も現れる。最も警戒すべきことは自身の理念と主張の枠組みの中に閉じ込められている場合だ。

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相をトップにした2期経済チームがスタートする。急務は韓国経済がこれ以上ガラパゴスの罠に陥らないよう世界の流れに参加しなければならない。1期経済チームと同じように「時間さえ過ぎればいいだろう」と言いながら経済政策と運用に変化を与えなければ「ゆでガエル症候群」のようにある日突然死ぬ。その時はベネズエラ事態だ。

分野別で助言するならば、▽経済活力課題として、心理安定、市場と現場重視、親企業、規制緩和、減税推進▽潜在成長課題として、構造改革、製造業リショアリングと第4次産業育成▽民生経済課題として国民生活経済懸案優先解決▽対外政策課題として対中傾斜緩和と常時国家IR活動展開▽南北協力課題として他の国政課題(特に景気)との均衡の中での推進▽政策運営課題として所得主導成長、週52時間労働制、最低賃金引き上げなどに柔軟性を与えなければならない。

ハン・サンチュン/客員論説委員



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP