주요 기사 바로가기

文大統領、きょうG20歴訪へ…一番目の訪問先はチェコ「原発受注に注目」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.27 09:53
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、主要20カ国(G20)首脳会議の参加のために5泊8日間チェコやアルゼンチン、ニュージーランドを歴訪する。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、文大統領はこの日午後、ソウル空港を出発して最初の訪問国であるチェコへ向かう。チェコはG20首脳会議の出席に先立ち、中間寄着地として28日まで留まる予定だ。

文大統領はこの日午後(現地時間)、チェコ・プラハで旅の疲れを癒し、翌日である28日にアンドレイ・バビシュ首相と会談を行う。この席で「原発受注」に関する言及があるかどうか注目される。チェコ原発受注戦には韓国水力原子力と共に中国、ロシア、フランス、フランス-日本コンソーシアム、米国などが競争していることが分かった。これに先立ち、青瓦台高位関係者は「原発に関してはさまざまな変数が多く横たわっており、われわれの強みや関心を高めることに焦点を当てようとしている」と明らかにしたことがある。

文大統領はチェコ内の韓国同胞および企業代表らと懇談会を開催し、同胞の声を聞いて励ます予定だ。文大統領は29日から来月1日までアルゼンチン・ブエノスアイレスで「公正で持続可能な開発のためのコンセンサス構築」をテーマにするG20首脳会議の日程を始める。文大統領は今回のG20首脳会議で革新と公正、包容性を包括する韓国政府の「皆がともに豊かに暮らす革新的包容国家ビジョン」を紹介する。

G20首脳会議を契機に主催国であるアルゼンチンやオランダ、南アフリカ共和国など主要国首脳らとの二国間会談がそれぞれ予定されている。オランダは今年、国連安全保障理事会(安保理)非常任理事国で北朝鮮制裁委員会議長国を務めており、南アフリカ共和国は来年から国連安保理非常任理事国として活動する予定だ。

また、青瓦台は韓米首脳会談を推進している。会談が実現する場合、文大統領就任後ドナルド・トランプ米大統領との6回目の韓米首脳会談になる。これを機に韓米両国の首脳が会談すれば北朝鮮の非核化と対北朝鮮制裁緩和、南北鉄道共同調査に対する北朝鮮への制裁免除の件、米朝高官級会談および第2回米朝北米首脳会談の時期・場所など韓半島(朝鮮半島)の状況を取り巻く全方向的議題を話し合う見通しだ。

最後に、文大統領は来月2日から4日までニュージーランドを国賓訪問し、パツィー・レディ総督との会談および午餐会、ジャシンダ・アーダーン首相との首脳会談、同胞懇談会など日程が予定されている。

地球をひと回りを回る今回の日程を最後に、文大統領は米朝とアジア、欧州、中南米、オセアニアを訪問した今年一年間の海外歴訪を終了する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP