주요 기사 바로가기

「誇らしい国民として…」帰化韓国人、来月から「国民宣誓」義務化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.23 15:00
0
法務部は翌月20日以降大韓民国に帰化を許可された人を対象に国籍証書授与式を行うと23日、明らかにした。

国籍証書授与式は国民儀礼と大統領の祝い映像上映、国民宣誓および国籍証書授与、太極旗伝達の順に行われる。

帰化韓国人は国籍証書授与式に参加して「私は誇らしい大韓民国の国民として大韓民国の憲法と法律を遵守し、国民の責任と義務を果たすことを厳粛に宣誓します」という内容の国民宣誓をして帰化証書を受けてこそ、大韓民国国籍を得ることになる。法務部は帰化韓国人に通知書を送るだけの現行制度が国民としての所属感と自負心を持たせることに限界があるという指摘により国籍証書授与式を行うように国籍法を改正した。

法務部は国籍証書授与式を本格施行することに先立ち、26~27日に全国出入国・外国人官署で帰化許可予定者162人と国籍回復許可予定者1人を相手に授与式を試験的に実施する。

法務部関係者は「国民宣誓および国籍証書授与式は韓国社会の構成員として新たに編入される人々の初めての出発を祝う国家レベルでの意味と格式を備えた行事」として「毎年1万4000人余りが国籍証書授与式を通じて大韓民国の国籍を新たに取得するものと見られる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP