주요 기사 바로가기

【時論】文大統領、奇跡のような機会を生かすには決断が必要(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.19 13:43
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国会での演説で「韓半島(朝鮮半島)と北東アジアの共同繁栄に向かう歴史的な出発ラインが目の前にある。奇跡のように訪れた機会であり、決して逃してはいけない機会だ」と述べた。板門店(パンムンジョム)宣言の批准や南北国会会談などに対する国会レベルの協調を求める意味があるのだろう。奇跡のように開催された6月の米朝首脳会談以降、米朝非核化交渉は進んでいない。文大統領の仲裁の役割が限界に達したという指摘が出ている。年初の北朝鮮の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)参加以降、慌ただしかった非核化の旅程を振り返り、原点から見直してみる時期だ。

この機会を生かすには発想の転換による決断が求められる。金正恩(キム・ジョンウン)委員長が非核化を決心したのは奇跡のような決断だった。トランプ大統領が金正恩委員長の要請を受け入れ、米朝首脳会談が実現したのも奇跡的だった。これに対し文大統領も相応の奇跡的な決断をしなければいけない。米国が要求する韓米同盟優先と韓民族同士という北朝鮮路線の間で綱渡りをするような仲裁努力を越える新しい接近法が必要だ。

米国第一主義を標ぼうするトランプ大統領の米国を韓国の力だけで仲裁するのは最初から不可能だった。金正恩委員長が習近平主席と3回も首脳会談をしたのは、自分たちの力だけでは米国を相手にできないという点を最初から認識していたからだろう。

奇跡のような機会を逃さないためには米朝非核化交渉だけに依存することはできない。非核化プロセスに対する多者的接近方式を代案として提示すべきだろう。文大統領は非核化交渉に進展がある場合、東アジア鉄道共同体構想に進むことを提案したことがある。米朝交渉が進展する場合にも結局は多者的保障体制が必要なら、現時点であらかじめ準備しておくべきであり、2国間交渉が座礁する場合に予想される危機状況に備えるためにも必要となる。

根本的に非核化は決して米朝交渉だけで完了しない。具体的に「非核化ロードマップ作成のための北東アジア地域協議体」構成を提案し、南北と米・中・日・露および欧州連合(EU)が参加する多者的な非核化プロセスを始めなければいけない。初期段階では韓米非核化実務チームを拡大して多者実務TF(タスクフォース)チームを設置することから開始できる。多者協議体が従来の6カ国協議と違うのは、北核廃棄だけでなく経済制裁の緩和や非核化以降の対北朝鮮経済協力計画まで議論し、長期的には北東アジアから米中間の問題まで協議する場になる可能性がある点だ。
【時論】文大統領、奇跡のような機会を生かすには決断が必要(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP