주요 기사 바로가기

韓国空軍、空中給油機を初めて導入…F-15Kなど戦闘機の作戦時間増える

ⓒ 中央日報日本語版2018.11.02 12:25
0
韓国空軍が初めて空中給油機を導入する。

軍関係者は2日、「空軍が初めて導入する空中給油機が12日に金海(キムヘ)空港に到着する」と明らかにした。

今回導入するエアバスD&S社のA330 MRTT機種はエアバスA330-200旅客機の機体を改良して製作された多目的空中給油機。

空軍は空中給油機を戦力化する前、受諾検査を通じて品質要求条件に達しているかを点検する。また、空中給油機を運用しながら韓国の主力戦闘機F-15K、KF-16に実際に給油する計画だ。

空軍は空中給油機の導入で作戦時間が60分以上増えると見込んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国空軍、空中給油機を初めて導入…F-15Kなど戦闘機の作戦時間増える

    2018.11.02 12:25
    뉴스 메뉴 보기
    韓国空軍の最新鋭戦闘機F-15K。
    TOP