주요 기사 바로가기

日本、世界で初めて小惑星探査ローバーの着陸に成功

ⓒ 中央日報日本語版2018.09.24 07:32
0
日本が世界で初めてモバイルローバー2機を小惑星の表面に着陸させることに成功した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は今月21日、小惑星リュウグウの上空55メートルで小惑星探査機「はやぶさ2」から分離した小型ローバー2機がリュウグウの表面の着陸に成功し、直後に地表を撮影した画像を送ってきたと明らかにした。

この小型ローバーは、JAXAによるはやぶさ2の「小惑星サンプルリターン」ミッションを行うために小惑星に投じられた。ローバーは内蔵されたモーターの回転を使った反動で小惑星の表面をホップ(飛び跳ねる)しながら画像の撮影や地表気温の測定を行いデータを収集する。

リュウグウに18カ月間の予定で留まるはやぶさ2は、表面に人工的なクレーターを作って地下のサンプルを採取した後、2020年末に地球に帰還する。小惑星の地下からサンプルを採取する最初のミッションを達成した後、はやぶさ2は地球近くまで戻ってサンプルの入ったカプセルだけを地球に落とし、再び宇宙旅行を継続する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、世界で初めて小惑星探査ローバーの着陸に成功

    2018.09.24 07:32
    뉴스 메뉴 보기
    小惑星探査機「はやぶさ2」がリュウグウに着陸してサンプルを採取するグラフィック。(写真提供=JAXA)
    TOP