주요 기사 바로가기

韓国検察、李明博氏に懲役20年を求刑 「『真っ赤な嘘』とだまして当選」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.06 16:38
0
110億ウォン(約10憶9000万円)台の賄賂授受と350億ウォン台の横領などの疑惑で拘束起訴された李明博(イ・ミョンバク)元大統領に対して検察が懲役20年の重刑を求刑した。

検察はソウル中央地裁刑事合意27部(部長判事チョン・ゲソン)審理として6日開かれた結審公判で「李元大統領は自身の利益のために国民から委任された大統領の職務権限を私有化することで憲法の価値を傷つけた」として懲役20年、罰金150億、追徴金111億4131万ウォンを求刑した。

また、「国民のために奉仕しなければならない国家機関と公職を私益の追求に動員し、自由民主主義における市場経済の秩序と職業公務員制など憲法が保障する核心価値を蹂躪した」として「その結果、犯罪によって拘束された歴代4番目の大統領に記録され、憲政史に消すことのできない汚点を残した」と強調した。

検察は李元大統領が当選無効の理由を隠したまま、大統領に当選したと見た。検察は「自動車部品会社DASの実際の所有者が誰なのかを誰よりもよく知っていながらも、捜査機関と国民にこれを徹底して隠した」として「DASの実際の所有者問題と不可分の関係にあった道谷洞(トゴクトン)の土地、BBK問題に対しても全部『真っ赤な嘘』だとして国民を欺き、第17代大統領として就任した」と批判した。

さらに、「結局、李元大統領は当選無効の理由を隠したまま大統領の地位を享受し、DASと自身の関係を徹底して否定し、各種犯罪行為を犯した事実が確認された」として「国民の一人としてみじめな心境を禁じ得ない」と批判した。

李元大統領は特定犯罪加重処罰法上、賄賂および国庫損失、特定経済犯罪加重処罰法上の横領および租税脱税、職権乱用権利行使妨害、大統領記録物法違反などの疑惑で拘束起訴された。

李元大統領は1994年1月から2006年3月までDASの秘密資金339億ウォンを作り、DASの資金を私的に使うなど、合計350億ウォン余りの会社の資金を横領した疑いが持たれている。特に、サムスン電子にDASの米国訴訟費67億ウォン余りを代納させるなど合計111億ウォンの賄賂を受け取った疑いもある。同時に、ソウル瑞草区(ソチョグ)ヨンポビルに大統領の記録物を搬出した疑いもかけられている。

李元大統領の拘束満期日は10月8日だ。宣告はその前に行われるものと見られる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP