주요 기사 바로가기

<アジア大会>韓国、中国水泳選手による暴行事件の真相調査を公式要請

ⓒ 中央日報日本語版2018.08.25 08:52
0
大韓体育会が水泳の韓国代表選手に中国選手が暴行を加えた事件に対する真相調査を公式要請した。

大韓体育会は24日、アジアオリンピック評議会(OCA)と2018年ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会組織委員会に公式書簡を通じて、この事件に対する真相調査と再発防止のための措置を求めた。

公式書簡には「23日午前、ジャカルタのゲロラ・ブン・カル水泳場で練習中、キム・ヘジン選手が後ろからくる中国のDuo Shen選手の胸部を意図せず蹴ってしまった。キム・ヘジン選手はすぐにDuo Shen選手に謝罪したが、Duo Shen選手はレーンの端まで追いかけてきて手でキム・ヘジン選手の足首をつかみ、水の中でキム・ヘジン選手の腹部を足で2回蹴った」という事件の概要が書かれている。

続いて「キム・ヘジン選手はすぐに練習場から出て代表チームのコーチと共にDuo Shen選手に謝罪を要請し、中国代表チームに正式に抗議するという意思を明らかにした」とし「その後、中国代表チームのコーチがDuo Shen選手とともに韓国選手団を訪ねて謝罪の意向を明らかにしたが、謝罪を受け入れることができず、キム選手が望む措置を取る予定だと伝えて対応した」と説明した。

キム・ヘジン選手は中国選手のスポーツマンシップに背く暴行に対して処罰を望んでいて、暴行事実が確認されれば同様の事件の再発防止のために適切な措置を取ることを求める、という内容が含まれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP