주요 기사 바로가기

韓国市民団体、和解・癒やし財団の即刻解散を要求

ⓒ 中央日報日本語版2018.08.07 11:06
0
市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」の尹美香(ユン・ミヒャン)代表が7日午前、あるラジオ番組に出演し、韓日慰安婦合意によって設立された「和解・癒やし財団」は解散されるべきだと主張した。

7日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演した尹代表は「和解・癒やし財団は慰安婦被害者が屈辱的に感じる財団」としながら「10億円で何の活動もしないまま死んだも同然の組織を維持している。1カ月に2750万ウォン(272万円)に達する運営費を10億円から使っている」と述べた。

続けて「政府が2015年韓日慰安婦合意が間違いだと判断して宣言したのなら、それに対して実行するべきだ」とし「慰安婦被害者も和解・癒やし財団解散のための法的措置を要求している」と述べた。

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」等の市民団体は6日午前、ソウル中区(チュング)和解・癒やし財団前で財団の即刻解散を求める記者会見を行い、「旧日本軍慰安婦被害者の人権回復のために政府が和解・癒やし財団を即刻解散するべき」と求めていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP