주요 기사 바로가기

<W杯>「韓国のおかげ」で…スウェーデンに0-3敗戦も決勝T進出のメキシコ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.28 07:52
0
グループリーグ最終戦で大敗したメキシコが決勝トーナメント(16強)進出を果たした。韓国がドイツに勝ったおかげだった。

メキシコは27日、エカテリンブルクアリーナで2018ロシアワールドカップ(W杯)F組第3戦を行い、スウェーデンに0-3で敗れた。メキシコは前半、スウェーデンに主導権を握られた。有効シュートは1本だけだった。前半28分にはチチャリートの腕にボールが当たり、PKの危機を迎えた。審判はVARで確認したが、PKを宣言しなかった。

後半戦は完全にスウェーデンがゲームを支配した。後半5分、スウェーデンのルドビク・アウグスティンソンが先制ゴールを決めた。後半17分にはPKを獲得し、アンドレアス・グランクビストが決めた。その12分後には勝負が完全に決まった。サイドからのロングスローがメキシコのエドソン・アルバレスのオウンゴールを誘った。

メキシコの立場では同じ時間に行われていた韓国-ドイツ戦の結果を気にしなければならなかった。0-0のまま試合が終われば16強入りするが、ドイツが勝てば得失点差で敗退する状況だった。しかしメキシコは運が良かった。韓国はドイツの波状攻撃を防いだ後、後半ロスタイムに2得点して勝った。メキシコはスウェーデンに続いて組2位でグループリーグを通過した。韓国のおかげでメキシコは7大会連続で16強入りを果たした。

一方、韓国としてはメキシコの敗戦が惜しまれた。メキシコがスウェーデンに勝っていれば1勝2敗でスウェーデンと並び、得失点差で16強に進出することができた。しかし結果はスウェーデンの完勝であり、韓国は組3位で大会を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP