주요 기사 바로가기

【コラム】韓半島発の世界平和の夢(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.19 13:40
0
無不通知。先週、金容雲(キム・ヨンウン)博士(91)にインタビューをしながら思い浮かんだ言葉だ。構造主義、カオス理論、老荘思想、精神分析学、哲学と宗教、文明と地政学へと縦横無尽に続く彼の思弁は、浅学非才が追う意欲を持つ対象ではなかった。もともと彼は名が知られている数学者だ。構造主義数学から出発して東西古今の科学と人文学に精通し、「原型史観」という自身の歴史哲学体系を構築した。かなりの年齢差がある記者を礼儀正しくもてなし、自らの業績を低めて謙遜する姿から、学問と人柄の境地を実感した。

彼は「原型(ethno-core)」を民族や集団が持つ独特の性格として、文化を形成して歴史の展開様式を決める価値体系と説明する。原型を中心に複雑系の観点から歴史現象を把握して観察する新しい歴史哲学が、彼が確立した原型史観だ。民族単位の集団無意識に対する精神分析の一環だ。

金博士は19世紀が西欧勢力による帝国主義的侵略の歴史だったなら、21世紀はそれに対する逆襲で幕を開けたと話す。歴史と伝統、種族を無視して勝手に線引きした強者に対する弱者の怨恨が米同時多発テロを招き、イスラム国(IS)のテロにつながったと説明する。東アジアの場合、カオスの中心に韓半島(朝鮮半島)の犠牲があったし、その怨恨に対する弱者の逆襲が北朝鮮の核武装として表れたということだ。

シンガポール米朝首脳会談が世界史的、文明史的に重要な意味を持つのはこうした背景のためだと金博士は話す。誰が強者と話すのが難しいほど完全に対等な立場で米朝首脳が会ったのは、強者に対する弱者の逆襲が収めた成功を象徴するという。米本土まで打撃できる核武力を完成することで「共倒れの構図」を作り出した金正恩(キム・ジョンウン)委員長は決して容易な相手ではないというのが彼の評価だ。

金正恩委員長の株価が急上昇している。気に入った合コンの相手の電話番号を受けるようにトランプ大統領は金正恩委員長と電話番号を交換した。安倍晋三首相からプーチン大統領まで、金正恩委員長に会うことを強く望んでいる。仲介外交で韓半島の平和の門を開いた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の株価も大きく上がった。韓国の指導者が国際社会でこれほど高い評価を受けたのは我々の現代史でかつてなかった。

シンガポール首脳会談の結果については評価が分かれる。前向きな評価もあるが、否定的な評価も多い。いわゆる専門家であるほど批判的だ。特に米国の主流メディアは与えるばかりで得たものはない会談だったと批判の一色だ。トランプ大統領と金正恩委員長が署名した共同声明には「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)」も、非核化の時刻表もない。にもかかわらずトランプ大統領は韓米連合訓練の中断というプレゼントを金正恩委員長に贈ることになり、批判の余地があるのも事実だ。
【コラム】韓半島発の世界平和の夢(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP