주요 기사 바로가기

<W杯>日本メディア「ボリビアとドローの韓国、不安残る」

ⓒ 中央日報日本語版2018.06.08 13:36
0
7日に行われたサッカー代表試合でボリビア代表と得点なく引き分けた韓国代表に対し、日本メディアが「不安を残した」と伝えた。

日本サッカー専門のネットメディア「フットボールチャンネル」は、7日午後9時10分(以下、日本時間)からオーストリアのインスブルックで行われた韓国-ボリビアの親善試合が終わった後、「韓国、不安の残るドロー。W杯不出場国から得点奪えず」という見出しの記事を掲載した。

フットボールチャンネルは「韓国は、序盤からボールを一方的に支配したが、得点はなかなか生まれなかった」とし「198センチの長身FW金信旭(キム・シヌク)の高さを生かした攻撃が何度かチャンスとなったが、相手GKの好守もあり、てゴールにはつながらなかった。“韓国のメッシ”こと李承佑(イ・スンウ)もサイドからの突破で見せ場をつくるシーンがあったが先制点に結びつかなかった」と試合状況を説明した。

また「後半に入っても展開は変わらず、60分にエースの孫興民(ソン・フンミン)を投入しても得点を奪えなかった」とし「勝って弾みをつけたいゲームだったはずだが、引き分けに終わった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP