주요 기사 바로가기

米朝、板門店統一閣で接触…ソン・キム-崔善姫が実務協議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.28 06:32
0
米朝首脳会談のための実務接触に向け、米国官僚チームが27日、訪朝していたことが確認された。この日、ワシントン・ポスト(WP)が報じた。

WPは実務接触を把握した関係者の言葉を引用して「元北核交渉担当者であり駐韓米国大使だったソン・キム駐フィリピン米国大使が崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官に会うために北朝鮮へ向かった」と伝えた。WPは「米国の準備チームは27日に北朝鮮統一閣に移動した」とも伝えた。これに関連し、韓国内の北朝鮮消息筋は「米国と北朝鮮の実務会談が板門店(パンムンジョム)北側地域である統一閣で27日から始まった」とし「米朝実務接触は数日間続き、このために板門店の安保見学プログラムがしばらく中断された」と述べた。米朝の統一閣実務接触は、米朝首脳会談の成功に向けて韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が26日に板門店統一閣で南北首脳会談を開催した翌日のことだ。

WPによると、ソン・キム氏と崔善姫氏は互いのことを長く知った関係だ。2005年非核化合意のための6カ国協議に、それぞれ米国と北朝鮮代表団の一員として参加した。ソン・キム氏に同行した米国官僚チームには、エリソン・フッカー国家安保会議(NSC)韓半島(朝鮮半島)補佐官や国防総省の官僚が含まれた。同省のランドール・シュライバー・アジア太平洋安保担当次官補も訪韓してソウルにいるとWPは伝えた。同メディアは「今回の実務会談は、月曜日ないし火曜日まで行われる」とし「米国側準備チームは、北朝鮮の核兵器プログラムをはじめ米朝首脳会談に関連した事項に集中している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP