주요 기사 바로가기

<南北首脳会談>夕食会のメニューに玉流館冷麺・レシュティ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.24 16:21
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は27日の南北首脳会談の夕食メニューに焼いたマトウダイ、スイス料理レシュティ 、平壌(ピョンヤン)「玉流館(オクリュクァン)」冷麺などを準備すると24日、明らかにした。

青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日のブリーフィングで「南北首脳会談の歓迎夕食会は、わが民族の平和と統一のために努力してきた方々の意を反映して用意する」とし「その方々の故郷の食材などを使って丁寧に準備する」と明らかにした。

金報道官は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は夕食会のメニューに玉流館平壌冷麺が良いと提案し、北側はこれを受け入れた」と伝えた。北側は首脳会談当日の27日、平壌「玉流館」首席料理人を板門店(パンムンジョム)に派遣する。玉流館で使用する製麺機を板門店「統一閣」に設置し、そこで作った麺を「平和の家」に移して玉流館冷麺の味をそのまま維持するという。

玉流館冷麺のほか、金大中(キム・デジュン)大統領の故郷である可居島(カゴド)のニベとナマコを使った饅頭、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の故郷の金海(キムヘ)烽下村で鴨農法で作ったコメも夕食会に登場する。

また故鄭周永(チョン・ジュヨン)現代グループ会長が北朝鮮訪問当時に送った牛を飼育した忠清南道瑞山(ソサン)牧場の韓牛の炭火焼き、作曲家ユン・イサンの故郷・統営(トンヨン)のタコで作った冷菜もメニューに選ばれた。

このほか両首脳の故郷と追憶を象徴する料理も準備される。釜山(プサン)で幼少期を過ごした文大統領を考慮し、マトウダイを焼いた料理を準備する。金正恩(キム・ジョンウン)委員長が留学したスイスの料理レシュティを韓国式に加工したカムジャ(ジャガイモ)チョンを用意する。

夕食会の酒にはミョン川杜鵑酒とムンベ酒が選ばれた。ミョン川杜鵑酒はツツジの葉やもち米などを使って作られた香りのある酒で、ムンベ酒は無形文化財に指定されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <南北首脳会談>夕食会のメニューに玉流館冷麺・レシュティ

    2018.04.24 16:21
    뉴스 메뉴 보기
    平壌(ピョンヤン)「玉流館(オクリュクァン)」の冷麺(左)、スイス料理レシュティ(右)
    TOP