주요 기사 바로가기

「セウォル号聴聞会で偽証の大尉懲戒を」…国民請願20万人突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.22 10:22
0
「セウォル号聴聞会」で偽証したチョ・ヨオク大尉を懲戒してほしいという請願が21日に青瓦台(チョンワデ、大統領府)と韓国政府関係者の回答を受けられる20万人の同意を得た。

先月28日に青瓦台国民請願掲示板に上げられた「セウォル号関連聴聞会で偽証したチョ・ヨオク大尉の懲戒をお願いします」という文は、この日午後5時56分基準で20万432人が同意した。この請願の締め切り日は27日だった。

請願人は「セウォル号と関連してこれまで偽りで隠してきた事実が少しずつ明らかになっている。聴聞会に出席し偽証したチョ大尉の懲戒は必ず行われなければならない」と話した。

続けて「その背後に軍が組織的に介入したのか、イ・スルビ大尉の出席理由に対しても徹底して調査し関連者を法により処理する必要がある」と付け加えた。

これに先立ち検察は先月28日に朴槿恵(パク・クネ)政権がセウォル号事故当日に大統領報告時刻を改ざんし国家危機管理基本指針を違法に変更したという捜査結果を出している。これに対し国民請願掲示板には28日からセウォル号聴聞会で言葉を変えたチョ大尉を懲戒すべきという意見が相次いだ。

国防部は先月30日に、国民請願に関連の書き込みが相次いでいることについて、「国防部法務管理官室で事実関係を確認し必要な措置を取る予定」との立場を明らかにしている。

今回の請願は青瓦台が公式に答えなければならない30回目の国民請願となった。

この請願のほかにも「大統領改憲案実現」「未婚母が実父に養育費を請求できるようにする法案作り」「粒子状物質関連で中国政府への抗議要請」「GMO完全表示制施行」「サムスン証券幽霊株式空売り問題の処罰」「国会議員の海外出張全数調査」「タサン新都市シルバー宅配支援撤回」、そしてこの日20万人を突破した「偽装カメラの販売禁止と盗撮犯罪処罰強化」の8件の国民請願が回答を待っている。

一方、15日に上げられた「大人に性的虐待に遭っている子どもたちを救ってください」という請願が20万人の同意に迫っている状況だ。この請願は同日午後6時5分基準で18万3552人が同意した。請願締め切り日は来月15日だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP