주요 기사 바로가기

大韓民国初の宇宙飛行士・李素妍氏「韓国国籍放棄は誤解」

ⓒ 中央日報日本語版2018.04.03 13:19
0
2008年に260億ウォン(約26億円)の国費が投入された韓国宇宙飛行士輩出事業で韓国人初の宇宙飛行士になった李素妍(イ・ソヨン)博士(バイオシステム学)が「国籍放棄説」に対する立場を明らかにした。

李氏は2日、韓国MBCラジオ番組に出演し、大韓民国の宇宙飛行士が大韓民国を捨てたという「国籍放棄」批判に対して立場を明らかにした。

李氏は「完全に米国人になったという誤解があるが、実際、私は大韓民国の国民として現在も暮らしている。米国などどこへ行くにしても私は韓国人と認識され、入国する時も韓国のパスポートで入国審査を受ける」と説明した。

続いて「5年前に国籍放棄という声があった当時、積極的に釈明しなかったのは、話にならないことであるため」とし「米国で米国人と結婚をすれば米国市民になると誤解されていたようだ」と明らかにした。

李氏は2012年8月、突然、韓国航空宇宙研究院に休職を申請した後、米国に渡って経営学修士課程を踏んだ。そして翌年、韓国系米国人の医師と結婚し、国籍放棄という声が出ていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓民国初の宇宙飛行士・李素妍氏「韓国国籍放棄は誤解」

    2018.04.03 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    大韓民国最初の宇宙飛行士、李素妍(イ・ソヨン)氏
    TOP