주요 기사 바로가기

「対北制裁が効果…トランプ大統領の任期内に北核廃棄を」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.30 14:40
0
◆グランドバーゲンと北核廃棄CVID

核武力に自信を持つ北朝鮮は核を放棄しないという見方が多かった(世宗研のイ・サンヒョン研究企画本部長、申範澈教授)。最近フィンランド・ヘルシンキで開かれた南北政府および民間専門家の1.5トラック会議に出席したキム・ジュンヒョン教授は「北は韓国は信じるが、米国には疑いを抱いている」とし「北はトランプ大統領がこのようにすぐに首脳会談を受け入れるとは考えていなかったと話した」と雰囲気を伝えた。続いて「北は内部的にも(首脳会談に対する)整理ができていない感じだった」とし「北は米国が首脳会談をしないかもしれないという考えも持っている」と話した。最近の破格性と電撃性を勘案すると、北朝鮮がむしろ米国との一括妥結方式の「グランドバーゲン」を持ち出す可能性があるという意見も出てきた。CVID式の核廃棄を米国に与える代わり、不可逆的で完全な体制の安全と保証(CVIG)を得るというのがグランドバーゲンだ。金正恩委員長がトランプ大統領と会って核兵器廃棄に同意するものの、その見返りとして米朝国交正常化と平和協定の締結を要求する形だ(鄭成長室長)。現在としては最終決定は金正恩委員長だけができるという。しかし北朝鮮が核を保有したまま韓半島の平和を米国に要求する可能性も排除できない(イ・サンヒョン本部長)。

◆対北制裁の効果

北朝鮮が非核化交渉に出てきたのは、国際社会の対北朝鮮制裁の効果と核武力への自信が同時に作用したからだ。鄭成長室長は「北が昨年、6回目の核実験とミサイル発射に成功したが、核武力の完成をあまりにも急いで発表した」とし「このため対北制裁が強まり、北は核武力の改善をこれ以上進展させることができなくなった」と述べた。北朝鮮の計算に誤差が生じたのだ。鄭成長室長は「現在、北は準封鎖状態であり、すべての輸出がふさがり、中朝間の密貿易も中断した」とし「北としては制裁で首を絞められる感じだろう」と話した。北朝鮮内では第2の苦難の行軍という言葉も出ているという。ヘルシンキ会議で北朝鮮も制裁の効果を認めた。以前は非核化の話が出てくれば北朝鮮側は席を外していたが、今回のヘルシンキ会議では非核化の話が出ても怒りを表さなかったということだ。座談会の出席者は米国も核武力を完成した北朝鮮との談判を拒否できない状況であり、北朝鮮も非核化にある程度の融通性を見せるだろうと口をそろえた。


「対北制裁が効果…トランプ大統領の任期内に北核廃棄を」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP