주요 기사 바로가기

韓国人のDNAにインディアン? 米国で流行する「ルーツ探し」をしてみると…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.20 11:34
0
米国は移民者の社会だ。特にニューヨークは多様な人種が共生しているため「メルティングポット」(溶鉱炉)と表現されたりもする。韓国人のように単一民族と考えて暮らす人々の立場では理解しがたいほどのプライドと偏見を持つ米国人が意外に多い。

こうした中で人々は自分の先祖がどの国から来て、自分のルーツがどこかについて常に関心を持っている。こうした需要を狙って現在、米国では23andMe、マイヘリテージ、アンセストリーなどDNAを検査する35社が血縁関係を確認したり特に病気になる可能性などに関する情報を提供して盛業中だ。さらにはソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて遺伝子構成が似た人を見つけるビジネスモデルもある。「血は水より濃い」という真理をビジネスに直接代入したのだ。

先祖探しのDNAテストが米国内で人気を呼ぶ秘訣は人々の「ルーツ探し」欲求と関連している。一方では人種と国に対する漠然とした偏見を正すのに寄与したりもする。ユーチューブにある広報映像も「開かれた世界は開かれた心から始まる」という言葉で終わる。

実際に一度やってみることにした。韓国生まれの韓国人だが、DNA検査の結果が韓国人としてそのまま出てくるのか、それとも日本や中国の遺伝子が混ざって出てくるのか、または地理の時間に習ったようにアジアからアラスカを通じてアメリカ大陸に移住したインディアン原住民と共通の遺伝子を持っているのか、いくつかの点が気になった。

最も知名度が高い23andMeとマイヘリテージを選択した。複数の会社でDNA検査を受けてこそ、後に結果を対照できるという判断からだ。まず会社のインターネットサイトに加入し、費用を支払った後、キットを注文した。

人間の染色体数23本と「自分(Me)」を組み合わせた23andMeにはルーツ探しサービスと病気遺伝子サービスを共に申請し、160ドル(18万ウォン)を支払った。マイヘリテージにはルーツ探しサービスだけをチェックして70ドル(約7500円)を支払った。イスラエルに本社があるマイヘリテージはやや低い料金を設定し、DNA検査業界で最も多くの顧客を確保している。23andMeはグーグルの関連会社だ。

テストキットは注文してから1週間以内に到着した。マイヘリテージは綿棒で口内の口腔細胞を採取する方式であり、23andMeは唾液(2ミリリットル)に含まれた細胞の中のDNAを検査する。記者のDNAが入ったサンプルは郵便を通じて2社の研究所に配送された。23andMeはノースカロライナ州バーリントンで、マイヘリテージはテキサス州ヒューストンでそれぞれ検査が行われる。

DNAはA(アデニン)・T(チミン)・G(グアニン)・C(シトシン)の4種類の塩基がどんな順序で配列しているかによってそれぞれの遺伝子情報が保存される。ヒューマンゲノムプロジェクトが初めて完成した2003年当時、30億個の塩基配列をすべて把握するのに10年の歳月と30億ドル(約3200億円)の費用が必要だった。しかし今では高速分析機器が登場し、100ドル以内の費用と一日という時間で可能になった。両社はサンプルで確認された遺伝子と各民族に見られる特別な遺伝子を比較分析してルーツ探しを始める。各地域別にヒューマンゲノムプロジェクトに参加した人々の数が増え、民族を区分する比較基準はよりいっそう正確になる傾向だ。
韓国人のDNAにインディアン? 米国で流行する「ルーツ探し」をしてみると…(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人のDNAにインディアン? 米国で流行する「ルーツ探し」をしてみると…(1)

    2018.03.20 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    マイヘリテージは綿棒で採取した口腔細胞で遺伝子を検査する。
    TOP