주요 기사 바로가기

韓国が無料バスで150億ウォンを無駄遣いする時、中国はPM2.5が32%減少(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.16 09:55
0
「4年前、中国は大気汚染との戦争を宣言し、勝利している」

米シカゴ大学エネルギー政策研究所(EPIC)が12日(現地時間)、このような評価を発表した。最近4年間、中国主要都市の空気の質が明らかに改善され、この傾向が続ければ最悪のスモッグに苦しめられていた北京住民の期待寿命が3年以上延びるだろうという見通しも付け加えた。

EPICのディレクターを務めるマイケル・グリーンストーン氏とパトリック・シュワルツ研究員は中国全域200カ所以上の測定所の2013~2017年微小粒子状物質(PM2.5)数値を分析した。その結果、昨年人口が密集している主な都市の平均PM2.5濃度が4年前より32%減少する有意義な改善があったという報告書を公開した。

EPICによると、全体人口の70%が暮らしている中国204カ所行政区域の2013年の平均PM2.5濃度は1立方メートル当たり73μg(マイクログラム、1μg=100万分の1グラム)だった。

世界的な空気汚染都市として悪名高い北京ははるかに高い91マイクログラム/立方メートルで世界保健機関(WHO)の年間勧告基準の9倍に達した。上海も同期間、濃度が63マイクログラム/立方メートルとなった。工業地帯である河北省石家荘市は何と133.4マイクログラム/立方メートルだった。河北省には鉄鋼、石油化学、建築材料など汚染物質を排出する産業が集中している。

EPICは報告書で2014年1月、北京PM2.5の24時間平均濃度はWHOの勧告分(25マイクログラム/立方メートル)の30~45倍に達する水準まで悪化したと伝えた。官僚らが住民に室内にとどまるよう警告するほどだった。

深刻性を認知した中国政府は大気汚染との総力戦を宣言した。EPICによると、2013年2700億ドル(約28兆6753億円)を投資した「アクションプラン」を発表した。2017年までに首都圏地域の北京、天津、河北3カ所など空気汚染が深刻な地域のPM2.5濃度を大幅減らすという内容を盛り込んだ計画だった。李克強首相も2014年、全国人民代表大会で大気汚染との戦争を宣言して力を注いだ。「先汚染、後管理」の成長中心政策からの大々的な変化だった。


韓国が無料バスで150億ウォンを無駄遣いする時、中国はPM2.5が32%減少(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP