주요 기사 바로가기

中国発PM2.5問題が深刻化 「韓日の早期死亡者3万人超」=英ネイチャー誌

ⓒ 中央日報日本語版2017.03.30 13:33
0
中国から流れ込んできた微小粒子状物質(PM2.5)によって韓国と日本で早期死亡した人の数が一年間で3万人を越えるという研究結果が公表された。

中国や米国、カナダの大学が参加した国際共同研究チームは粒子の大きさが2.5um(マイクロメートル、100万分の1メートル)以下の微小粒子状物質の移動が世界の人々の健康に及ぼす影響を分析し、30日、国際学術誌ネイチャーに発表した。

研究チームは2007年の一年間に228カ国で発生した微小粒子状物質の濃度と流入経路、微小粒子状物質が発病の危険を高めるとされている心臓疾患や肺がんなどで早期死亡した人数などの資料を利用してモデルを作成し、微小粒子状物質の流入と早期死亡率の相関性を分析した。

その結果、微小粒子状物質による心臓疾患、肺疾患で早期死亡した人は計345万人に達するものと推定された。このうち12%である41万1100人は他の地域から飛来した微小粒子状物質で死亡し、なかでも韓国と日本は3万900人が中国発の微小粒子状物質が原因として作用して死亡したものと推定されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP