주요 기사 바로가기

<平昌五輪>韓国が金メダル獲得の女子STリレー、中国・カナダが失格の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.21 08:01
0
韓国女子ショートトラックが歴代オリンピック(五輪)3000メートルリレーで6個目となる金メダルを獲得した。

韓国ショートトラック女子代表チームは20日、江陵(カンヌン)アイスアリーナで行われた2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪女子3000メートルリレー決勝で4分7秒361をマークし、1位で決勝ラインを通過した。

韓国はリレーが正式種目になった1994年リレハンメル大会から2006年トリノ大会まで4連覇を達成した。2010バンクーバーでは銀メダルだったが、4年前のソチでまた金メダルを獲得した。

競技を終えた韓国選手は太極旗(韓国の国旗)を持ってリンクを回りながら喜んだ。しかし明るい笑顔ではなかった。審判のビデオ判読が長く続いたからだ。選手たちはやや心配そうな表情で判定を待っていたが、結局、中国とカナダの失格が宣言された。

韓国は沈錫希(シム・ソクヒ)がスタートし、崔ミン禎(チェ・ミンジョン)、キム・アラン、キム・イェジンの順にレースを展開した。3位圏を維持していた韓国は5周を残してキム・アランがアウトコースから抜きにかかるなど逆転の機会を狙った。しかし4周を残してキム・イェジンにバトンタッチをした後、転倒した。その過程で後ろから来ていたカナダの選手と接触したため、韓国は競技を1位で終えても審判の判定を待たなければならなかった。幸い、韓国はペナルティーを受けなかった。

キム・アランの場合、次の走者を押す過程でバランスを崩して転倒した。他の選手を妨害するために故意に転倒したのではなく、やむを得ないアクシデントと見なされた。このため失格事由ではなかった。

ペナルティーを受けたのは2位の中国と3位のカナダだった。両チームの失格で最後にゴールインしたイタリアが2位となり、先に行われたBファイナルで1位になったオランダが幸運の銅メダルを獲得した。

なぜ中国とカナダは失格になったのか。国際スケート競技連盟(ISU)は審判の判定について公式的なコメントをしない。したがって解説委員を通じて意見を聞いた。中国・カナダともに失格事由は韓国と関係ないとみられる。

まず中国はコースの内側でレースを待っていた選手たちが他のチームの選手たちを妨害して失格になったと推定される。特に2周を残して沈錫希が崔ミン禎を押し出す瞬間、コース内側に入る崔ミン禎を押す姿が見られた。

アン・サンミMBC(文化放送)解説委員は「コース内側にいるとしても他の選手を妨害してはいけない。しかし中国はバトンタッチしようとする選手たちを妨害する姿が何度か見られた。ISUは最近、コース内側で選手同士の接触も厳格にチェックしている」と話した。

カナダはゴール地点での妨害が問題になった。崔ミン禎と范可新(中国)が決勝ラインに入る時、コース内側にいたキム・ブテン(カナダ)が進路妨害をしたと判定されたと考えられる。カナダはレース途中、キム・アランと接触して転倒し、遅れを取った状況だった。ブテンは後ろから来る走者とタッチするために待っていたが、ちょうど崔ミン禎と范可新は最後の1周を終えて決勝ラインに入るところだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <平昌五輪>韓国が金メダル獲得の女子STリレー、中国・カナダが失格の理由

    2018.02.21 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    20日、江陵アイスアリーナで行われた平昌冬季オリンピック女子ショートトラック3000メートルリレーで、韓国のキム・アランがキム・イェジンを押し出す時に転倒している。
    TOP