주요 기사 바로가기

マティス米国防長官「南北間の五輪対話は核問題解決できない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.29 08:59
0
米国のマティス国防長官は「南北間の五輪対話が北朝鮮の核という重要な問題を解決できないという事実を忘却しない」と話した。27日にハワイの太平洋司令部で開かれた韓米国防相会談の冒頭発言でだ。

マティス長官は「金正恩(キム・ジョンウン)政権は全世界に対する威嚇であり国際的解決策を要求する国際問題。威嚇に対するわれわれの対応は使用可能な軍事的オプションの支援を受けた外交が主導している」と話した。そして「こうした外交的努力は金正恩政権の無謀な発言と危険な挑発に基づかなければならない」と指摘した後、「五輪対話」発言が出てきた。彼はまた「われわれの目標は完全かつ検証可能で後戻り不可能な韓半島(朝鮮半島)の非核化(CVID)。平壌(ピョンヤン)だけでなく全世界に改めて知らせるが現在の対北朝鮮経済的制裁は持続しなければならない」と話した。

国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官はマティス長官の冒頭発言に続き「南北対話は究極的に北朝鮮を米国との(非核化)対話に導くためのものという文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言に対し(マティス長官と)意見を交換するだろう」と答えた。宋長官はまた「平昌(ピョンチャン)冬季五輪を安全で成功裏に開くために両国の協力案を話し合う」とした。

両長官の発言だけみれば米国は対北朝鮮圧力を継続しようとし、韓国は南北対話局面を導くのに焦点を置いたと解釈される。特に会談後の共同発表文では平昌五輪以降に予定された韓米合同軍事演習に対する内容はなかった。「北朝鮮の威嚇を抑制し防衛するための韓米連合能力を持続強化していかなければならない」とだけされている。韓国政府消息筋は「両国実務陣の間で合同演習日程はすべて決まっており、両国防長官がこれを承認した。ただ北朝鮮を刺激しないため公式発表は最大限遅らせようという韓国側の要請を米国が了解した」と説明した。

これに先立ち米国では北朝鮮に対する「圧力強調」の雰囲気が感知された。米財務省は24日、今年に入って初めての対北朝鮮追加制裁を発表した。また、財務省の対北朝鮮制裁を担当するメンデルカー次官は25日にソウルで統一部の千海成(チョン・ヘソン)次官と会い平昌五輪を契機に北朝鮮に対する支援と関連した懸念を伝えた。ホワイトハウスのマクマスター国家安保補佐官も23日に「北朝鮮の術策にだまされないだろう。過去の失敗を繰り返さない」と述べるなど、ホワイトハウス、国防総省、財務省など対北朝鮮政策関連機関が乗り出して強硬発言を出している。

◇与党安保ライン、米国で米朝対話説得=韓国政府関係者は28日「チェ・ジョンゴン安保室平和軍備統制秘書官と金基正(キム・ギジョン)延世(ヨンセ)大学教授、キム・ジュンヒョン韓東(ハンドン)大学教授らが米国を訪問している。平昌五輪を契機に米朝対話の必要性を米国側に強調するものと承知している」と話した。この関係者は「訪問団は米国務省だけでなくシンクタンク関係者らと米朝対話と関連した意見を交換するものと承知している」と説明した。別の政府関係者は「五輪以降に韓米合同演習を行いこれに北朝鮮が反発する場合、韓半島の緊張が高まりかねない。米朝対話を通じて状況を管理しなければならないという認識が韓国政府内で強い」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP