주요 기사 바로가기

【コラム】中国警護員の韓国記者暴行…暴力を「淡々」と受け止めろとは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.19 08:36
0
毎日のように大型ニュースが発生する世の中では1カ月前のことはもう古くなっている。取り上げられる機会もなく忘れ去られる。昨年12月14日に発生した中国警護員の青瓦台(チョンワデ、大統領府)写真記者暴行事件もその一つだ。そのことを想起させたのは10日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年記者会見だった。文大統領は「大統領支持者が政府の政策に対する批判記事に過激な書き込みをしている」という質問に対し、「私より多くの非難コメントを受けた政治家はいないだろう」とし「記者も淡々と考えればよいのではないかと思う。あまりにも敏感になる必要はないのでは」と述べた。

他国の国賓級首脳に随行する記者に現地治安関係者らが暴行を加えたのは国際社会で前例を探すのが難しいが、自国民の一部が相手国の加害者でなく暴行被害者を猛烈に非難するのも珍しいことだ。暴行を受けた2人の記者について尋ねてみた。鼻骨と眼窩の骨折という重傷を負った毎日経済新聞のイ記者(45)は手術の20日後に退院したが、会社に復帰できずにいる。家族と離れて慶尚南道密陽(ミリャン)の寺で療養中だ。深刻なトラウマで眠れず、目まいがある。外部との電話を断って過ごしている。精神科の治療を受ける時だけ家族に会うという。後遺症で味覚・嗅覚の90%を失った。料理本「ダッチオーブン」を出し、ブログに子どもと一緒に作る料理も載せていた記者だった。会社の同僚は心配していた。

もう一人。中国警護員によって投げ飛ばされて胸椎をけが(微細骨折)した韓国日報のコ記者(52)は2日から青瓦台担当記者に復帰した。「現場を追う写真記者にけがはよくあることだが、大統領の海外訪問行事では想像できないことだった。前日から公安が荒々しく制止しておかしいと思っていた」。コ記者が物理的な暴行より苦しんだのは激しい非難だったとした。

「大韓民国が暴行を受けた」と怒る世論を「クズ記者が殴られるようなことをした」「すっきりする」「記者らに損害賠償を請求しろ」などの書き込みが打ち消した。ポータルサイト、ソーシャルネットワークサービス(SNS)、青瓦台の掲示板を埋めた。2人の記者の個人情報が暴かれ、所属会社に電話が続いた。イ記者の同僚は「当事者はもちろん、夫人と小学校に通う子どもが受けた衝撃が大きかった」と伝える。コ記者は「その執拗さにぞっとして惨憺たる思いをした」と語った。

韓中首脳会談での冷遇に関する記事に不満を抱く文大統領の一部の熱狂的な支持層の集団攻撃だった。こうした点を批判した安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事、ソ・ミン教授らも攻撃対象になった。「頭を叩き割る」「お前の子どもたちに注意しろ」など彼らが送るメール、文字爆弾の内容は人格破壊レベルの暴力だ。ところが「私も受けているので淡々としていればよい」と大統領は話した。支持者にはそのような行為を続けろという意味として受け止められかねない言葉だ。

写真記者暴行事件の直後、青瓦台は大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が雇用した警護員だとし、中国側に強く問題提起をしなかった。誰が雇用しようと、中国で韓国人に発生した、それも大統領随行記者が受けた「暴力」、それ自体でも中国当局に厳重に抗議するべき事案だ。中国は警護員1人だけを拘留し、集団暴行ではなく個人の偶発的事件に限定した。5日に孔鉉佑外務次官が林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官に会い、「国賓訪問中の不祥事について遺憾に思う」と遅れて謝罪したが、集団暴行に対する徹底的な捜査と厳重処罰など韓国側の要求には背を向けている。

北朝鮮国営メディアは14日、文大統領を「南朝鮮当局者」と表現し、「ふぬけた詭弁」「(トランプ大統領に)こびる卑屈な振る舞いは見られたものではない」とし、大統領の「新年の辞」を特有の低レベルの言葉で嘲弄した。翌日の南北板門店(パンムンジョム)会談のブリーフィングで統一部報道官はこれについて「北側もそれなりに事情と立場があると見る」と述べた。やはり「淡々」と受け止めた。

キム・スジョン/政治国際担当

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP