주요 기사 바로가기

LGの液晶ディスプレイを搭載したサムスンテレビが来年発売へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.27 09:52
0
早ければ来年初めにLGディスプレイが作った液晶ディスプレイ(LCD)が搭載されたサムスンテレビを店舗で見ることができる見通しだ。取り引き物量は10万台にとどまるだろうが、ライバル会社同士に中心部品の取引先になるということから意味があるという分析だ。

26日、匿名を要求した業界関係者は「昨年12月から約1年間長引いたサムスン電子とLGディスプレイのテレビ向けLCDパネルの供給交渉が最後の段階に達した」とし「早ければ来年初めからLGディスプレイが供給するテレビ向けLCDパネルがサムスン電子のテレビに搭載されるだろう」と明らかにした。この関係者は「具体的な物量は最終調整中だが、10万台を超えないだろう」と言及した。

交渉が妥結すればサムスン電子が世界テレビ市場で最も激しく競争してきたLGエレクトロニクス系列社からLCDを供給される初事例となる。今年、サムスン電子はLGエレクトロニクスの有機ELディスプレイ(OLED)テレビに対して「長く使えば画面に残像が消えない不良が現れる」として激しい神経戦を繰り広げてきた。特に、サムスンディスプレイとLGディスプレイは2013年まではOLED技術流出をめぐる攻防、LCD特許侵害訴訟前を行うほど対立関係にあった。

それでもサムスン電子が「ライバル」であるLGエレクトロニクス系列社からLCDを供給されることにしたのは、サムスン電子にLCDを納品してきた日本のシャープが昨年末、突然供給物量を切った事件が大きく働いた。一方、「反韓」「反サムスン」で有名な台湾鴻海の郭台銘会長がシャープを買収し、サムスン電子にLCD供給を切ると一方的に宣言したわけだ。テレビの核心部品であるLCD一部の物量を直ちに供給する道が消えたサムスン電子は、緊急にLGディスプレイに手を差し出すことになった。サムスン電子もディスプレイを製作する系列会社としてサムスンディスプレイを置いているが、サムスンディスプレイはスマートフォン向け中小型OLEDを中心に生産しているため、安定的にLCDを供給する余力がなかった。ディスプレイ業界関係者は「サムスン電子は中・低価格の液晶テレビはもちろん、プレミアム製品であるクォンタムタッチ(QLED)テレビにもLCDを活用するため、安定したLCDの供給先が必要だ」と説明した。


LGの液晶ディスプレイを搭載したサムスンテレビが来年発売へ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LGの液晶ディスプレイを搭載したサムスンテレビが来年発売へ(1)

    2017.11.27 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    LGディスプレイの有機ELディスプレイ。(写真=LGディスプレイ)
    TOP