주요 기사 바로가기

康京和長官「北朝鮮の五輪参加を希望、世界平和に寄与」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.26 10:03
0
外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が「北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加は南北和解ムードを増進する特別な機会になるだろう」との考えを明らかにした。

康長官は25日午後、駐韓外交団とともに平昌冬季五輪・パラリンピック関連施設を訪問した後の昼食の席でこのように話した。

康長官は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は韓国だけでなく世界を回って今回の五輪が平和五輪になるよう努力している。今回の五輪は韓半島(朝鮮半島)だけでなく世界平和に寄与するだろう」と強調した。

続けて「平和でより良い世界を作ることが五輪精神の核心。平昌が平和と繁栄を意味するだけに平昌が今回の五輪で中心となるのはあるいは運命だ」と声を高めた。

その上で「平昌は韓半島を分ける軍事境界線のすぐ南側にある。私は北朝鮮が今回の五輪に参加することを願う」と付け加えた。

これに先立ち康長官はこの日午前、駐韓外交団、在韓米軍関係者200人とともに平昌冬季五輪の会場を訪れた。

康長官は「30年前に韓国はソウル五輪を冷戦時代を破るひとつの平和の契機にした。30年後に平昌も平和に寄与する大きな契機になるよう準備している」と明らかにした。

ただ康長官は「まだ具体的に北朝鮮が(平昌冬季五輪に)参加するという措置を取っていない。国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会と継続して協議し、北朝鮮が来られるよう(努力)している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    康京和長官「北朝鮮の五輪参加を希望、世界平和に寄与」

    2017.11.26 10:03
    뉴스 메뉴 보기
    康京和長官「北朝鮮の五輪参加を希望」。
    TOP