주요 기사 바로가기

<浦項地震>韓国南東部でM5.4の地震…大学修能試験が1週間延期に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.16 08:26
0
15日午後2時29分、慶尚北道浦項(ポハン)で発生したマグニチュード(M)5.4の地震のため、16日に実施される予定だった大学修学能力試験(修能試験)が1週間後に延期された。1993年に修能試験が導入されて以来、災難のために試験日が延期されたのは今回が初めて。

金相坤(キム・サンゴン)社会副首相兼教育部長官は政府ソウル庁舎で15日夜、緊急記者会見を開き、「受験生の安全と修能試験の公正性・公平性を考慮し、修能試験を1週間後の23日に実施することにした」と発表した。

金副首相は「地震の影響で浦項高・浦項女子高・デドン高・ユソン女子高などの修能試験場で建物にひび割れが発生し、予備試験場の浦項中央高にも亀裂が入るなど各種被害が発生した」と説明した。続いて「浦項地域の受験生の一部は余震などを心配して帰宅できない状況」とし「昨年、慶州地震が発生した翌日に46回の余震が発生した点も延期を決定するうえで考慮された」と述べた。

この日、震源(浦項市北区の北側9キロ、地下8キロ)付近の慶尚北道浦項市北区興海邑(フンヘウプ)望泉里(マンチョンリ)を記者は午後4時ごろ訪れた。浦項市庁から北に約11キロ離れたこの村には約300人(181世帯)の住民が暮らしている。

望泉里一帯では、住宅屋上のコンクリート欄干が落ちたり、壁が崩れている家もあった。瓦の屋根が付近に散らばっている家も見られた。午後4時49分にマグにニュード4.3の余震が発生すると、住民の悲鳴が聞こえた。

イ・オクスクさん(72)は「近隣の村の住民70-80人と一緒に歌の授業を受けていたが、突然大きく揺れて天井からほこりが出てきた。家族に電話をかけてもつながらなかった」と地震発生当時を振り返った。近隣の南松里(ナムソンリ)に住むファン・フンシクさん(82)は「家の倉庫に積んでいた煉炭600枚が割れた。今夜は不安で家で眠れない」と話した。

震央から3.1キロの距離にあるハンドン大の学生は地震の直後、キャリアを持って集団で避難するように寮を出た。大学生のユ・ヘウォンさん(21)は「寮から授業を受けに行くところ、アスファルトの道路が音を立てながら上下に揺れて沈む感じがした。叫びながら座り込む人もいた」と当時の状況を伝えた。

この日の地震は300キロ以上離れたソウル光化門(クァンファムン)など全国各地で震動が感知された。午後10時現在、今回の地震による負傷者は重傷2人、軽傷48人と暫定集計された。一方、銀行と株式・為替市場は16日、普段より1時間遅い午前10時に開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <浦項地震>韓国南東部でM5.4の地震…大学修能試験が1週間延期に

    2017.11.16 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    15日浦項市北区で地震発生
    TOP